注目の山中湖のドッグリゾートで、柴犬だいふくもリフレッシュ

 Instagramのフォロワー数およそ35万。毎日1万「いいね!」がつく柴犬界のアイドル・だいふくくん。フォトブックの出版だけでなく、イベントの出演やドラマの主演まで務めるなど、多才な活躍を見せるだいふくくんが、飼い主の後藤隆之介さん・恵如(えな)さん夫妻と一緒に、今春オープンしたばかりのWan’s Resort 山中湖へお出かけ。今注目のドッグリゾートで、どのような休日を過ごしたのでしょうか。

大自然に囲まれ、はしゃぐだいふくくん。しつけは完璧です。

 青々とした新緑の美しいドッグガーデンを、とことこと走る1頭の柴犬。日本のみならず、世界中へとファンが広がるだいふくくんだ。「走るのはそれほど速くない」と隆之介さんが言うように、俊足を飛ばすわけではないが、うれしそうな表情で芝生を駆け回っている。

約800㎡の広々としたドッグラン。晴れた日は雄大な富士山を間近に眺めることができる抜群のロケーション。
約800㎡の広々としたドッグラン。晴れた日は雄大な富士山を間近に眺めることができる抜群のロケーション。

 Wan’s Resort 山中湖は、全犬種宿泊OKのドッグリゾート。愛犬も泊まれる宿泊施設が増える中、他と一線を画すのは、第一にそのロケーションの素晴らしさ。山中湖畔に位置し、目の前にそびえる富士山は迫力満点。テニスコート3面分ほどもあるこのドッグガーデンでは、雄大な富士山を背景に愛犬たちが元気いっぱいに駆ける美しい光景が広がる。

 「リフレッシュできたねー。うれしそうだねー」と、恵如さんがだいふくくんをなでながら笑みを浮かべた。よろこんでいる時や気持ちが良い時、だいふくくんは歯を見せて笑うそうだ。「歯を見せるのは怒っているように見えるかもしれませんが、実はそうじゃないんです」と、隆之介さん。二人とも小さいころから愛犬と暮らす生活で、だいふくくんを家族として迎え入れたのは5年ほど前のこと。だいふくくんのことは熟知している。

 隆之介さんがだいふくくんに声をかけ、しゃがみながら右腕を前に出した。すると、だいふくくんはさっと両足をかけて抱っこの体勢に。隆之介さんはだいふくくんを抱え上げ、そのまま水洗い場へと移動していく。あまりにそつのない動きから、確かな信頼関係が築き上げられているのが垣間見られた。なんて賢いだいふくくん。お座りや待て、伏せなどの基本的なしつけは完璧。一方、生活の中で必要のない”お手”などは教えていないので、できないそうな。

ドッグランへの出入口にある水洗い場。足をふくタオルも完備。
ドッグランへの出入口にある水洗い場。足をふくタオルも完備。

居心地の良い客室で、リラックスポーズ。

 今回Wan’s Resortブランドを新たに立ち上げたセラヴィリゾート泉郷は、わんわんパラダイスというドッグリゾートも運営している。実は4年ほど前、だいふくくんたちは温泉に入るために高山わんわんパラダイスに宿泊したことがあるという。愛犬用風呂の隣に家族用風呂があり、「一緒に入浴できるのがとてもよかった!」と、恵如さん。ホテルで催されたレクリエーションイベントにも参加し、愛犬どうし、宿泊客どうしの交流も楽しかったという。

 Wan’s Resort 山中湖では、ワンクラス上のリゾートを目指し、そうしたイベントをさらに盛り上げていく方針だ。テーマは「学び」。プロのドッグトレーナーを招き、しつけの仕方やドッグダンスなどの少し高度な愛犬との遊び方も一から学べる。長く暮らしていれば、愛犬との遊びもマンネリになりがちなもの。「そうしたイベントがあれば、必ず参加する」という後藤夫妻。愛犬家どうしでコミュニケーションが取れるのも「楽しいひと時」と話す。

 続いて客室:富士山ビュールームに通されただいふくくんたち。インテリアの一つひとつに洗練された品の良さがあり、ゆとりのある空間に「素敵」と声を上げた恵如さん。滑りにくい床材が使用されているので愛犬たちにも優しい。晴天時には部屋の中からも美しい富士山を眺めることができる。

洗練された空間で富士山を望みながらのんびりと寛げる
洗練された空間で富士山を望みながらのんびりと寛げる

 ソファに座った隆之介さんはだいふくくんを抱っこ。すると、だいふくくんが前足をくるっと曲げておなかを見せるポーズをしてくれた。「これは飼い主を信頼してくれている証し」と隆之介さんが言うように、だいふくくんはリラックスした表情。このポーズができるようになると、足をふいたり、しつけもしやすくなるそうだが、無防備なポーズがとにかくキュートで癒やされる。

だいふくくん、完全にリラックス。舌ペロがかわいすぎる。
だいふくくん、完全にリラックス。舌ペロがかわいすぎる。

犬好きしかいないリゾートだから、気兼ねなく過ごせて大満足。

 フランス語で“金のぶどう”を意味するレストラン“レザンドール”では、愛犬と一緒に食事を楽しめる。地のものや旬の食材を厳選した様々なフレンチコースが用意され、愛犬用にも、ささみの角切りやヘルシーな馬肉のスープ煮、筑前煮や鯛のお頭など多彩なメニューがある。マナーパンツを完備し、全テーブルにリードフックがあるほか、バギーの貸し出しや愛犬用のカゴ、イス、クッションなども用意され、贅沢なディナータイムをゆっくり楽しめる。

彩り鮮やかなフレンチのコースは特に女性に人気。地元山梨県のワインも豊富。
彩り鮮やかなフレンチのコースは特に女性に人気。地元山梨県のワインも豊富。

 しつけのために隆之介さんと恵如さんが先に食事をする中、だいふくくんはイスに座り、じっと待つ。食べたそうな表情を浮かべながらも、ちゃんとおとなしく待つ姿は何とも立派。二人の食事が終わった後に、だいふくくんが食べたのは一番人気だという「ささみの角切り」。おいしそうに食べる姿も愛らしかった。

じっと静かに待つ姿がなんとも愛くるしい
じっと静かに待つ姿がなんとも愛くるしい

 従来のリゾートホテルであれば、売店には土産物が並ぶところだが、Wan’s Resort 山中湖では愛犬用グッズがずらり。洋服や靴下、無添加素材のおやつに知育玩具などペットショップと遜色のない品ぞろえだ。従業員は全員犬好きで、愛犬や飼い主のために思いを巡らせたおもてなしに、隆之介さんも恵如さんも感激した様子。「愛犬用アメニティやシャンプールームなどの設備も充実しているので、荷物が少なくてすむのもうれしい」と、恵如さん。隆之介さんは「だいふくを連れていることで周囲に気を使うようなことが一切なく、リラックスして過ごせたのが一番」と、一日を振り返った。
 Wan’s Resort山中湖には予約が取りにくい年末年始やお盆などのハイシーズンや、大切な記念日など、希望する時期での宿泊を保証するタイムシェア会員というプランもある。会員になるとわんわんパラダイスを含めた全国のリゾートに会員価格で宿泊することが可能だ。

だいふくくんは、リラックスして、楽しげな様子
だいふくくんは、リラックスして、楽しげな様子

『だいふく』という名前は、「(だいふくに)大きな福が訪れますように」という願いを込めて名付けたそう。今では、隆之介さんや恵如さんをはじめ、多くの人々に癒やしをもたらす存在になった。それはあたかも、だいふくくんのお福分け。「いろんな景色をだいふくに見せてやりたい」という隆之介さんと恵如さんの影響で、お出かけが大好きになったというだいふくくん。富士の麓で見せてくれた魅力あふれる表情の数々は、だいふくくんの「福」そのものだった。


Wan’s Resort 山中湖

富士山と山中湖を望み、愛犬がのびのびと遊べる大自然が広がるワンランク上のドッグリゾートです。

希望する時期での宿泊が保証され、会員価格で宿泊することができるタイムシェア会員が好評。詳しくはこちら
https://resortlife.izumigo.co.jp/wans/

Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。