家畜もペットと同じ大切な「相棒」! ギリシャ

牧羊地のすぐそばで出会った美猫さん
牧羊地のすぐそばで出会った美猫さん

 ヤーサス!


 7回目の今回は、ヤギや羊と、そのチーズにまつわるお話。


 ブログタイトルの「しゃくし」部分多めのお話ですね!


 ギリシャではヤギや羊をよく見かけます。郊外はもちろん、住宅街に近い地域でも、柵のある土地に放し飼いされています。彼らは主にミルクを採るために飼われていて、ヤギならヤギ専門…という訳ではなく、「ヤギも羊も乳牛もロバも! でも、数頭ずつ」という酪農家さんが多いです。


 酪農家さんたちの家畜の扱いが、「産物を得るために育てている」という感じではなく、ペットの犬や猫などと同じく相棒のように接している雰囲気がとてもあたたかくて良いなと思います。「こっちにおいで、ほら、家に入るよ」などとやさしく語りかけているのです。

 

民家の間の空き地に放し飼いされるヤギ (シロス島)
民家の間の空き地に放し飼いされるヤギ (シロス島)

 ヤギや羊のミルクをどうするかというと、やはり主にチーズを作ります。


 ギリシャで一番たくさん作られ、お手頃価格なチーズはフェタチーズ。家庭料理に欠かせない食材です。毎日料理するようなお宅では、牛乳・ヨーグルト・フェタチーズは常に冷蔵庫に入っているとか。

 

乳牛たち、背景は昔使われていた風車(ティノス島)
乳牛たち、背景は昔使われていた風車(ティノス島)

 このフェタチーズは、『ヤギのミルクから作られている』と世界中に知られています。私も「だから郊外や島でよく山羊を見るんだなあ…さすがフェタチーズの国!」と思ってきました。

 

低い柵をものともせず、脱走して隣のエリアの草を食べているのを私に撮影され、「見つかった!!」と焦って戻ろうとするかのようなヤギ(ティノス島)
低い柵をものともせず、脱走して隣のエリアの草を食べているのを私に撮影され、「見つかった!!」と焦って戻ろうとするかのようなヤギ(ティノス島)

 でも、実は100%ヤギミルクなどで作られていたのは昔の話。現在ほとんどのフェタは「牛乳:ヤギまたは羊のミルク=7:3」で作られているそうです。個人的にはこれを知った時、結構なショックでした。


「Wikipediaにも『羊・山羊の乳から』作られると書いてあったからヤギチーズ食べているんだと思ってた。衝撃的」とギリシャ人の友人に言うと


「でもさ、こんなに安く買えるのは、牛乳多めで作っているからこそだよ」


 と冷静にツッコミを入れられてぐうの音も出ない私。厳密なレシピは、コピーライトの問題でほぼギリシャ国内でしか知られていないこともあって、私のような誤解が起こっているようです。また、牛乳+ヒツジミルクで作られている場合は「ヒツジ」、+ヤギミルクなら「ヤギ」と、文字か写真で明記されています。

 

牛乳+ヒツジミルクのフェタチーズ
牛乳+ヒツジミルクのフェタチーズ

 さて、ギリシャの食卓に欠かせないフェタチーズを使った代表的な料理のご紹介。


 ギリシャで一番ポピュラーなサラダは英語で「Greek Salad」。日本では「ギリシャ風サラダ」「グリークサラダ」という名を耳にする事が多いでしょうか。


 ギリシャ語では「ホリァティキ・サラータ」、直訳すると「田舎のサラダ」です。

 

グリークサラダ。友人の祖母から習った、ギリシャ内陸の村の伝統的なレシピ
グリークサラダ。友人の祖母から習った、ギリシャ内陸の村の伝統的なレシピ

 中身はとてもシンプル。


 トマト・キュウリ・玉ねぎ・完熟オリーブ・フェタチーズを乾燥オレガノ・オリーブオイル・塩・ワインビネガーで味付けするだけ。お店や家庭によってパプリカや、島の特産のケイパーが加わっている事も。


 レシピはもう一つのおすすめ料理「ストラパツァダ」と一緒にくわしくフォトギャラリーに載せていますのでご覧くださいね。


 住んでいるその島でとれた野菜を使ったこのサラダ、自分でも不思議なほど食べる手が止まらないし、しょっちゅう作ります。野菜もチーズも身近で新鮮だからだし、酪農家さんたちの、動物へのあたたかい接し方を日々眺めているからかな…と思っています。


 動物と「ともに生きる」という視点を日常的に深く意識するようになったのは、ギリシャに住んでみて良かったなぁと思う事の一つです。


 それではまた。タレメ・シントマ(また会いましょう)!

  • 牧羊地の近くで会った猫さんその2。「むふふ~ん♪」って顔してる…!(シロス島)
  • たいていは種ごとに分けて飼われていますが、この様にロバと馬は一緒に飼われている事が多いです(イオス島)
  • 近所のヤギ。島の景色を一望できる素敵な環境にお住まい!(シロス島)
  • スーパーのチーズ売り場。そう大きくないお店でもチーズとハムは品揃えが良い!(シロス島)
  • 同じくスーパーのハムコーナー。「何枚薄切りに・何gかたまりで」などその場で注文します(シロス島)
  • 一見して生産地と何のミルクを使っているかが分かるデザインになっています。これは豆乳と牛乳メインの、シロス名産のチーズ。
  • 材料:トマト3/玉ねぎ1/キュウリ大1/フェタチーズ100g/オリーブ5、6個/ワインビネガー、オリーブオイル、塩、オレガノ<br/>作り方:①トマトは皮をむきくし型に、きゅうりは輪切り、玉ねぎは薄くスライスし、ボウルへ。(トマトは汁ごと!)②ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩をふる③フェタチーズとオリーブの実をのせ、オレガノ少々をふる。全体をよく混ぜて完成
  • 材料:完熟トマト3/ 赤パプリカ1/フェタチーズ50-100g /卵1個/塩、コショウ、オリーブオイル<br/>作り方: <br/>①トマトはすりおろし、パプリカは粗みじん切りにする。<br/>②フライパンにオリーブオイルをひき、①を水分が飛ぶまで炒める。<br/>③細かく崩したチーズを加える。<br/>④ボウルに卵を割り入れ、塩コショウを振ってよく混ぜ、フライパンへ投入。 <br/>⑤3分ほど混ぜながら火にかけて完成!
  • 近所に住む子猫、2か月でこんなに大きくなりました。「近所の四つ子猫ちゃん成長記」、近日執筆予定です!
  • 7月初旬の四つ子ちゃんたち
  • ホラ(旧市街)の小さな教会の前にいつもいる番猫?さん(シロス島)
  • 白と水色の教会、乾いた土地というギリシャらしさ満点の背景をしょってこっちを見つめるヤギ(ティノス島)
  • 遠くにヒツジ。ヤギと隣の敷地にいました。牛は見る事が少ないのですが、屋内で飼われることが多いようです(ティノス島)
  • カメラを向けられて起きちゃった…のびっ(パロス島・レフケス)
  • 8月中旬~9月中旬、ブーゲンビリアの真っ盛りです(パロス島・パリキア)
  • 牧羊地の近くで会った猫さんその2。「むふふ~ん♪」って顔してる…!(シロス島)
  • たいていは種ごとに分けて飼われていますが、この様にロバと馬は一緒に飼われている事が多いです(イオス島)
  • 近所のヤギ。島の景色を一望できる素敵な環境にお住まい!(シロス島)
  • スーパーのチーズ売り場。そう大きくないお店でもチーズとハムは品揃えが良い!(シロス島)
  • 同じくスーパーのハムコーナー。「何枚薄切りに・何gかたまりで」などその場で注文します(シロス島)
  • 一見して生産地と何のミルクを使っているかが分かるデザインになっています。これは豆乳と牛乳メインの、シロス名産のチーズ。
  • 材料:トマト3/玉ねぎ1/キュウリ大1/フェタチーズ100g/オリーブ5、6個/ワインビネガー、オリーブオイル、塩、オレガノ<br/>作り方:①トマトは皮をむきくし型に、きゅうりは輪切り、玉ねぎは薄くスライスし、ボウルへ。(トマトは汁ごと!)②ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩をふる③フェタチーズとオリーブの実をのせ、オレガノ少々をふる。全体をよく混ぜて完成
  • 材料:完熟トマト3/ 赤パプリカ1/フェタチーズ50-100g /卵1個/塩、コショウ、オリーブオイル<br/>作り方: <br/>①トマトはすりおろし、パプリカは粗みじん切りにする。<br/>②フライパンにオリーブオイルをひき、①を水分が飛ぶまで炒める。<br/>③細かく崩したチーズを加える。<br/>④ボウルに卵を割り入れ、塩コショウを振ってよく混ぜ、フライパンへ投入。 <br/>⑤3分ほど混ぜながら火にかけて完成!
  • 近所に住む子猫、2か月でこんなに大きくなりました。「近所の四つ子猫ちゃん成長記」、近日執筆予定です!
  • 7月初旬の四つ子ちゃんたち
  • ホラ(旧市街)の小さな教会の前にいつもいる番猫?さん(シロス島)
  • 白と水色の教会、乾いた土地というギリシャらしさ満点の背景をしょってこっちを見つめるヤギ(ティノス島)
  • 遠くにヒツジ。ヤギと隣の敷地にいました。牛は見る事が少ないのですが、屋内で飼われることが多いようです(ティノス島)
  • カメラを向けられて起きちゃった…のびっ(パロス島・レフケス)
  • 8月中旬~9月中旬、ブーゲンビリアの真っ盛りです(パロス島・パリキア)
  • 牧羊地の近くで会った猫さんその2。「むふふ~ん♪」って顔してる…!(シロス島)

    牧羊地の近くで会った猫さんその2。「むふふ~ん♪」って顔してる…!(シロス島)

  • たいていは種ごとに分けて飼われていますが、この様にロバと馬は一緒に飼われている事が多いです(イオス島)

    たいていは種ごとに分けて飼われていますが、この様にロバと馬は一緒に飼われている事が多いです(イオス島)

  • 近所のヤギ。島の景色を一望できる素敵な環境にお住まい!(シロス島)

    近所のヤギ。島の景色を一望できる素敵な環境にお住まい!(シロス島)

  • スーパーのチーズ売り場。そう大きくないお店でもチーズとハムは品揃えが良い!(シロス島)

    スーパーのチーズ売り場。そう大きくないお店でもチーズとハムは品揃えが良い!(シロス島)

  • 同じくスーパーのハムコーナー。「何枚薄切りに・何gかたまりで」などその場で注文します(シロス島)

    同じくスーパーのハムコーナー。「何枚薄切りに・何gかたまりで」などその場で注文します(シロス島)

  • 一見して生産地と何のミルクを使っているかが分かるデザインになっています。これは豆乳と牛乳メインの、シロス名産のチーズ。

    一見して生産地と何のミルクを使っているかが分かるデザインになっています。これは豆乳と牛乳メインの、シロス名産のチーズ。

  • 材料:トマト3/玉ねぎ1/キュウリ大1/フェタチーズ100g/オリーブ5、6個/ワインビネガー、オリーブオイル、塩、オレガノ<br/>作り方:①トマトは皮をむきくし型に、きゅうりは輪切り、玉ねぎは薄くスライスし、ボウルへ。(トマトは汁ごと!)②ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩をふる③フェタチーズとオリーブの実をのせ、オレガノ少々をふる。全体をよく混ぜて完成

    材料:トマト3/玉ねぎ1/キュウリ大1/フェタチーズ100g/オリーブ5、6個/ワインビネガー、オリーブオイル、塩、オレガノ
    作り方:①トマトは皮をむきくし型に、きゅうりは輪切り、玉ねぎは薄くスライスし、ボウルへ。(トマトは汁ごと!)②ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩をふる③フェタチーズとオリーブの実をのせ、オレガノ少々をふる。全体をよく混ぜて完成

  • 材料:完熟トマト3/ 赤パプリカ1/フェタチーズ50-100g /卵1個/塩、コショウ、オリーブオイル<br/>作り方: <br/>①トマトはすりおろし、パプリカは粗みじん切りにする。<br/>②フライパンにオリーブオイルをひき、①を水分が飛ぶまで炒める。<br/>③細かく崩したチーズを加える。<br/>④ボウルに卵を割り入れ、塩コショウを振ってよく混ぜ、フライパンへ投入。 <br/>⑤3分ほど混ぜながら火にかけて完成!

    材料:完熟トマト3/ 赤パプリカ1/フェタチーズ50-100g /卵1個/塩、コショウ、オリーブオイル
    作り方:
    ①トマトはすりおろし、パプリカは粗みじん切りにする。
    ②フライパンにオリーブオイルをひき、①を水分が飛ぶまで炒める。
    ③細かく崩したチーズを加える。
    ④ボウルに卵を割り入れ、塩コショウを振ってよく混ぜ、フライパンへ投入。
    ⑤3分ほど混ぜながら火にかけて完成!

  • 近所に住む子猫、2か月でこんなに大きくなりました。「近所の四つ子猫ちゃん成長記」、近日執筆予定です!

    近所に住む子猫、2か月でこんなに大きくなりました。「近所の四つ子猫ちゃん成長記」、近日執筆予定です!

  • 7月初旬の四つ子ちゃんたち

    7月初旬の四つ子ちゃんたち

  • ホラ(旧市街)の小さな教会の前にいつもいる番猫?さん(シロス島)

    ホラ(旧市街)の小さな教会の前にいつもいる番猫?さん(シロス島)

  • 白と水色の教会、乾いた土地というギリシャらしさ満点の背景をしょってこっちを見つめるヤギ(ティノス島)

    白と水色の教会、乾いた土地というギリシャらしさ満点の背景をしょってこっちを見つめるヤギ(ティノス島)

  • 遠くにヒツジ。ヤギと隣の敷地にいました。牛は見る事が少ないのですが、屋内で飼われることが多いようです(ティノス島)

    遠くにヒツジ。ヤギと隣の敷地にいました。牛は見る事が少ないのですが、屋内で飼われることが多いようです(ティノス島)

  • カメラを向けられて起きちゃった…のびっ(パロス島・レフケス)

    カメラを向けられて起きちゃった…のびっ(パロス島・レフケス)

  • 8月中旬~9月中旬、ブーゲンビリアの真っ盛りです(パロス島・パリキア)

    8月中旬~9月中旬、ブーゲンビリアの真っ盛りです(パロス島・パリキア)

  • 牧羊地の近くで会った猫さんその2。「むふふ~ん♪」って顔してる…!(シロス島)
  • たいていは種ごとに分けて飼われていますが、この様にロバと馬は一緒に飼われている事が多いです(イオス島)
  • 近所のヤギ。島の景色を一望できる素敵な環境にお住まい!(シロス島)
  • スーパーのチーズ売り場。そう大きくないお店でもチーズとハムは品揃えが良い!(シロス島)
  • 同じくスーパーのハムコーナー。「何枚薄切りに・何gかたまりで」などその場で注文します(シロス島)
  • 一見して生産地と何のミルクを使っているかが分かるデザインになっています。これは豆乳と牛乳メインの、シロス名産のチーズ。
  • 材料:トマト3/玉ねぎ1/キュウリ大1/フェタチーズ100g/オリーブ5、6個/ワインビネガー、オリーブオイル、塩、オレガノ<br/>作り方:①トマトは皮をむきくし型に、きゅうりは輪切り、玉ねぎは薄くスライスし、ボウルへ。(トマトは汁ごと!)②ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩をふる③フェタチーズとオリーブの実をのせ、オレガノ少々をふる。全体をよく混ぜて完成
  • 材料:完熟トマト3/ 赤パプリカ1/フェタチーズ50-100g /卵1個/塩、コショウ、オリーブオイル<br/>作り方: <br/>①トマトはすりおろし、パプリカは粗みじん切りにする。<br/>②フライパンにオリーブオイルをひき、①を水分が飛ぶまで炒める。<br/>③細かく崩したチーズを加える。<br/>④ボウルに卵を割り入れ、塩コショウを振ってよく混ぜ、フライパンへ投入。 <br/>⑤3分ほど混ぜながら火にかけて完成!
  • 近所に住む子猫、2か月でこんなに大きくなりました。「近所の四つ子猫ちゃん成長記」、近日執筆予定です!
  • 7月初旬の四つ子ちゃんたち
  • ホラ(旧市街)の小さな教会の前にいつもいる番猫?さん(シロス島)
  • 白と水色の教会、乾いた土地というギリシャらしさ満点の背景をしょってこっちを見つめるヤギ(ティノス島)
  • 遠くにヒツジ。ヤギと隣の敷地にいました。牛は見る事が少ないのですが、屋内で飼われることが多いようです(ティノス島)
  • カメラを向けられて起きちゃった…のびっ(パロス島・レフケス)
  • 8月中旬~9月中旬、ブーゲンビリアの真っ盛りです(パロス島・パリキア)
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。