猫の野生化防止へ 奄美大島・徳之島で、猫飼育の条例強化

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 野生化した猫(ノネコ)が希少動物を襲う問題を受け、奄美大島と徳之島の各自治体が6月定例議会に飼い猫の管理条例を強化する改正案を出し、それぞれ可決された。奄美大島では違反者への罰則を導入。徳之島では屋外で飼う猫への不妊去勢手術などを義務化し、罰則も強めた。


 いずれもノネコにつながる野良猫を減らすのが目的。3日に奄美市議会が奄美大島5市町村共通の条例改正案を可決し、足並みがそろった。両島が目指す来夏の世界自然遺産登録を見据え、対策を急いだ。


 奄美大島では、飼い猫の登録やマイクロチップの装着などの義務規定に違反し、行政の指導や勧告、命令を受けても対応がない場合に5万円以下の過料を科す。施行は来年1月から。島内5市町村は3月にチップ装着の義務化などを決めたばかりだったが、罰則を求める議会などの声を受けて改正した。


 徳之島でも6月定例議会で、島内3町共通の条例を改正。屋外で飼う猫への手術を義務化し、5匹以上飼う場合は町の許可が必要とした。これまでも飼い猫の登録などをせず、行政指導にも従わない場合に2万円以下の過料があったが、今回の改正で5万円以下に引き上げた。


 奄美市環境対策課は「罰則は住民の意識を高めてもらうのが目的。希少種が生息する島なので、協力してほしい」と呼びかけている。


(外尾誠)


<関連記事>

「ノネコ」増やしたくないニャン! 飼い猫にチップ、屋外なら手術も義務化 奄美大島の5市町村

その「瞬間」を動画撮影、アマミノクロウサギの子どもはこうやって襲われた! 「ノネコ」増える奄美大島

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。