猫は人気だけど……動物病院「譲渡犬の飼い主が見つからない!」

飼い主の登場を待つ犬たち。村山真知子さんにじゃれつく=福岡県行橋市
飼い主の登場を待つ犬たち。村山真知子さんにじゃれつく=福岡県行橋市


 福岡県行橋市門樋町の原田動物病院で、譲渡犬の飼い主がなかなか見つからない「異変」が起きている。一昨年までは「右から左だった」というほど、すぐに引き取られていたが、昨年以降は動きが鈍いという。


 原田動物病院では、室外で飼っている雌犬から生まれた子犬について、母犬の避妊手術を条件に引き取り、新しい飼い主を探す取り組みを続けている。


 引き取る子犬は、一昨年までは年間平均40~50匹だったが、昨年は82匹と急増した。例えば、子犬が5匹生まれると、以前は母犬の飼い主の近所の人や知り合いが3匹をもらい受け、残り2匹が持ち込まれる、といったケースが多かった。ところが、昨年は生まれた子犬すべてが持ち込まれることもあったという。


 しかも、子犬の引き取り手がなかなか現れなくなった。現在、飼い主を探しているのはシバイヌなどの雑種11匹。生後3~5カ月で、当初20センチだった体長が今では3倍ほどになった。餌代も膨らみ、病院の負担になっているという。


 病院は猫の飼い主探しにも取り組む。昨年は69匹を引き取り、現在6匹が残っているが、拾った猫を飼うために健康診断を頼む人も多いという。


「猫ブームの影響を感じる」と院長の村山真知子さん(63)。マンションやアパートが増え、室内で飼える小型犬に人気が移り、室外犬が敬遠される傾向も、犬の引き取りが減っている背景にあるとみる。村山さんは「これ以上、不幸な犬が増えないよう、室外で飼う犬には不妊手術を徹底してほしい」と話している。


 問い合わせは原田動物病院(0930・22・1396)へ。


(久恒勇造)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。