猫の聴覚を研究して作った「ねこのための音楽」 世界で話題

『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』(ユニバーサル ミュージック)税抜価格2,222円
『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』(ユニバーサル ミュージック)税抜価格2,222円

 猫が暮らしやすくするために、様々な猫グッズが作られているが、ついに猫専用の音楽が作られ、世界中で話題となっている。

 猫が反応する音を研究し、猫の気持ちを理解した上で作曲されたというCDアルバム『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』が、国内でも2月22日(猫の日)、2,222円(税抜価格)で発売される。

『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供
『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供

 イギリスでは昨年発売され、クラシックチャートで1位を獲得。“非人間向け音楽”として史上最高位ということで大きな話題を呼んだ。

 日本でも、CD発売にさきがけて、12月にデジタル音源が配信され、日本のiTunesクラシックチャートで2位を記録。CD発売前から注目を集めている。

「ねこのための音楽」は全5曲。作曲者は、ワシントン・ナショナル交響楽団のチェリストや指揮者、作曲家として、クラシック分野で長年活動してきたアメリカの音楽家デヴィッド・タイ氏だ。

『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供
『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供

 タイ氏は動物学の研究者とともに、動物の聴覚を研究し、種によって聴覚や音楽の好みが異なることを発見。2009年には、猿が好きな音楽を作曲して実験した結果をまとめたレポートを発表すると、ニューヨーク・タイムズで、その年1番のアイデアとされる「#1 idea of 2009」に選ばれた。

 そして猫を研究対象にしたタイ氏は、猫が好きな音やメロディの研究を続けるなかで、胎児の時から聴覚が発達する人間とは異なり、猫は生まれた後に聴覚が成長していくため、人とは違うビートを好むことが分かった。人間用の音楽では全く反応しなかった猫たちが、タイ氏が作った楽曲を聴かせる実験では77%が“好反応”を示したという。

 タイ氏は「音楽でリラックスすることで、猫らの生活が豊かになる」と語っている。

 そもそも猫にとって心地の良い音楽とはどんな曲なのか。猫に聴かせると、一体どんな反応をするのか。愛猫家の方は試してみては?

『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供
『ねこのための音楽 ~ Music for Cats』紹介動画より=ユニバーサルミュージック提供
sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。