酒屋には店番猫 路地での出会い 五輪のリオで

おばさんに教えてもらった見つけた猫。酒屋の店先で店番中
おばさんに教えてもらった見つけた猫。酒屋の店先で店番中

 五輪会場の近くに暮らす人たちの生活に触れたくて、コンパクトカメラと携帯電話だけポケットに入れて、30分だけ街を歩いた。


 街中にあるアーチェリー会場の「サンボドロモ」から、セキュリティーゲートを出て30秒ほど。一方通行の通りがあった。教会を中心に小さなお店が立ち並び、路上駐車がびっしり。会場の声援は、車が行き交う音と、色んな生活音にかき消され聞こえない。五輪マークも見当たらない。


 平日の昼間から、碁会所のような場所でおじさんたちが黙々とトランプゲームをしていた。「撮っていい?」。カメラを指さして聞くと、首を縦に振る。どうやら真剣勝負のようだ。


 商店の入り口には、しっぽをピンと立てた猫が。撮っていると、後ろから「チッチッチッ」と舌打ちが。やばい、何かした?


 振り返ると、ピンクのシャツを着たおばさんが猫を呼んでいる。笑顔でポルトガル語をまくし立てるが、まったくわからない。「あっちにも大きな猫がいるのよ。ほら、あそこ」。そんなニュアンスだろうか。指さした方を見ると、酒屋に店番猫がいた。


 300メートルほどを行き来しただけ。彼らの言葉はまったくわからない。でも、穏やかに流れる時間と飾らない生活を垣間見て、開幕してから一番強く、リオにいると実感した。


 4年後の東京にも、こんな風に歩く外国人がたくさんやってくる。肩ひじを張らないおもてなしが、案外記憶に残るのかも知れない。


(林敏行)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。