1棟まるごと「ネコビル」誕生 猫カフェや関連グッズ販売

「ネコリパブリック」では、おもちゃを使って可愛い保護猫と触れ合える=大阪市中央区
「ネコリパブリック」では、おもちゃを使って可愛い保護猫と触れ合える=大阪市中央区

 ビル1棟まるごと保護した猫の関連施設が入居する「ネコビル」が22日、大阪・心斎橋に誕生。猫の殺処分ゼロを目指し、2014年から近くで営業してきた保護猫カフェ「ネコリパブリック」が、引っ越しを機に「ネコビルプロジェクト」を開始。猫好きの竜宮城をつくることにした。

 大阪市中央区東心斎橋1丁目の5階建てビル。1階のカフェバー「SOMETHIN’ NEWYORK」はガラス張りで、外光がふんだんに差し込む。ひっそり、こぢんまり――。これまでの猫カフェのイメージをくつがえすような、おしゃれな雰囲気だ。

「ネコリパブリック」では、おもちゃを使って猫と遊ぶこともできる=大阪市中央区
「ネコリパブリック」では、おもちゃを使って猫と遊ぶこともできる=大阪市中央区

「猫好きだけでなく、通りすがりの人でも入ってみたいと思う場所にしたかった」。運営会社代表の河瀬麻花さん(41)=東京都=は話す。猫柄ラベルのワインやパスタも楽しめる。

 2階は猫雑貨販売の「ネコ市ネコ座」、3階は「ネコリパブリック」が入る。猫と触れ合えて、気に入った猫がいれば引き取ることもできる。4階は「キャット&ベッド&ブック」。ベッドが9台あり、寝転がりながら店内に置かれた猫関連の本が読める。運が良ければ猫と昼寝できるかも。

 5階と屋上部分は22日まで、ネットで賛同者の寄付を募るクラウドファンディングで改装資金を集めた。猫と仕事ができる貸しオフィスとパーティースペースにする予定だ。

「ネコリパブリック」では、かわいい保護猫と触れあえる=大阪市中央区
「ネコリパブリック」では、かわいい保護猫と触れあえる=大阪市中央区

 河瀬さんは語る。「日本では毎日300匹の犬や猫が処分される一方、1日平均約2千匹が販売されていると言います。飼いたいと思う人が保護施設から引き取れば、殺処分ゼロは実現できる。ここをネコ好きのランドマークにしたいのです」。オープン時には、ビル全体で保護ネコ約30匹が暮らす予定だ。

 営業時間やクラウドファンディングの詳細はこちらへ。

(大貫聡子)

22日正式オープンの「ネコビル」。ビルまるごと1棟が猫だらけだ=大阪市中央区
22日正式オープンの「ネコビル」。ビルまるごと1棟が猫だらけだ=大阪市中央区
朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。