向田邦子と愛猫3匹 業務用鍋でエサを調理3時間

向田邦子の寸胴鍋=かごしま近代文学館提供
向田邦子の寸胴鍋=かごしま近代文学館提供

 作家で脚本家の向田邦子(1929~81)は、小学3年から5年までの2年3カ月間を鹿児島市ですごした。

 

 今回紹介するのは、業務用アルミ製の寸胴鍋2点。高さはともに25・5センチ。ふたがない鍋の直径は27・5センチで、ふた付きは26センチある。実はこれ、料理は料理でも、猫の餌を作るための鍋だった。

 

 向田は、ついの住み家となった東京都・青山のマンションで、3匹の猫と暮らした。一人暮らしを始めた時に実家から連れてきたシャム猫のメス「伽俚伽(かりか)」、旅行先のタイで一目ぼれしたコラット種のオス「マミオ」とメス「チッキイ」である。

 

 中でもマミオについては、エッセイ「マハシャイ・マミオ殿」で「貴男はまことに男の中の男であります」と書いたこともある。

 

 

向田邦子。愛猫家で知られた
向田邦子。愛猫家で知られた

 そんな向田は、この寸胴鍋でトビウオ10キロの煮付けを作った。猫向きの薄味だったという。粗熱を取り、1回分ずつ小分けポリ袋に入れて冷凍保存し、適宜解凍して与えた。調理にかかった時間は3時間。原稿の締め切りに追われながらも、猫のためには時間を惜しまなかった。

 

 やがて伽俚伽とチッキイが相次いで死んだ。そして向田が台湾での飛行機事故で亡くなった時、その帰りを待っていたのはマミオだけだった。そのマミオも、向田の死から4年後、天国へと旅立った。

 

(かごしま近代文学館・吉村弥依子)

 

◆企画展「猫に恋した作家たち」は、かごしま近代文学館(鹿児島市)で7月4日まで開催中。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。