老犬ホームの時代 「最期は、快適な施設で」

 犬を飼い続けられなくなった。でも殺処分は避けたい。そんな飼い主から犬を引き取り、死ぬまで面倒をみる「老犬ホーム」が、少しずつ広がっている。改正動物愛護管理法が先月施行され、需要が高まるという見方も出ている。

 

 丘の上に芝生のドッグランが広がる。2008年に開業した熊本県菊池市の老犬ホーム「トップ」。犬舎では35匹の犬がくつろぐ。寝たきりになった犬のため床には柔らかい布も。室内はエアコンで適温に保たれている。ここで暮らす犬の多くは14~15歳。人間で言えば90歳前後だ。

 

老犬ホームに引き取られた犬たち=熊本県菊池市の「トップ
老犬ホームに引き取られた犬たち=熊本県菊池市の「トップ

 福岡市の女性会社員(26)は昨秋、小学生の頃から飼っていた15歳のオスの中型雑種犬を預けた。両親がアパートに移った後、一人暮らしをする自分のマンションに引き取ったが、日中は仕事で面倒をみられない。長崎県の祖父母宅に預けたが、犬の認知症で夜鳴きがひどくなり、半年で祖父母は音を上げた。


 悩んだ末にインターネットで見つけたのがトップだ。罪悪感にさいなまれたが、「捨てるのとは違う」と自分に言い聞かせた。「面倒をみるのは限界。でも殺処分は絶対に考えられない。快適な施設で最期を迎えてほしいと思った」。毎週末、会いに行った。


 犬は今月初旬に死んだ。前日に「体調悪化」の電話があり、最期までの様子がメールで逐一届いた。「手を尽くして面倒をみてくれて、感謝しています」。後悔はないという。

 

■都市部から多数

 トップの料金は1匹あたり年36万円。当初の引受数は年2、3匹だったが、今年は9月までで30匹に上った。都市部からの依頼が多く、飼い主の4割は福岡県、5割は関東と関西だ。


 預ける理由は、飼い主の入院や高齢者施設への入所が4割、犬の病気などが4割ほど。夜鳴きがひどく、近所の住民に訴訟を起こされかけた飼い主が犬を預けてきたこともあるという。


 トップを運営する緒方心さん(36)は「動物を飼うということは、病気も老いも死も引き受けること。ただ、そうはいかない事情もある」と話す。

 

■事業者、登録制に

 老犬ホームは近年、各地にできている。長崎市の「アリスの家」はペットホテルなどを手がける会社が営む。高齢者施設に入る飼い主から相談されたのがきっかけで09年に開業した。

 

老犬ホームのドッグランで遊ぶ犬=長崎市大山町の「アリスの家」
老犬ホームのドッグランで遊ぶ犬=長崎市大山町の「アリスの家」

 和歌山県串本町にも11年に老犬ホームが開業した。神奈川県小田原市のアサワペットサービスは01年の設立。犬舎は今は3棟あり、さらに拡張する予定だ。


「家族関係が希薄化し、飼えなくなった犬を預けられる先が見つけにくくなっている」。NPO法人動物愛護社会化推進協会(大阪市)の西沢亮治事務局長は話す。ドッグフードの改良などで犬の寿命が延びていることが、老犬ホームの需要につながっているとみる。


 ただ、中には悪質な業者もいる。宇都宮市では09年、飼い主に「死ぬまで面倒を見る」と言って有料でペットを預かったNPO法人が、自治体に引き取らせていた問題が発覚した。


 環境省は昨年、ペットの所有権を飼い主から譲り受けて飼育する「譲受(ゆずりうけ)飼養(しよう)業」という事業者の登録区分を設けた。担当者は「不適切な業者がいるとの情報もあり、登録制にした」。今後、業者数の集計や実態把握を進めるという。
(山下知子)

 

■飼い主の責任、法律に

 厚生労働省の集計では、全国の犬の登録数は1990年度の約389万匹に対し、11年度は約685万匹。一方、環境省などによると、自治体が引き取り殺処分した犬は、89年度は68万7千匹だったが11年度は4万4千匹と激減した。


 背景には、自治体が引き取り条件を厳しくすると同時に、新しい飼い主探しに力を入れていることがある。福岡市は09年10月から引き取りを有料化。殺処分数は04年度の532匹に対し、昨年度は86匹だ。


 そんな中、先月施行された改正動物愛護管理法では飼い主の責任として、死ぬまで飼う「終生飼養」の徹底がうたわれた。自治体が引き取り依頼を断れるケースも明示された。


 ただ、九州のある自治体の担当者はこう指摘する。「拒否された飼い主による捨て犬が増えないか心配。老犬ホームのような施設の需要は高まるだろう」


 熊本市も殺処分数を減らしてきた。市の担当者はくぎを刺す。「飼い主は目先のかわいさだけを見ず、老いや病気も覚悟して飼ってほしい」

 


(朝日新聞 2013年10月27日掲載)

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。