イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

coron(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 オス プードル(トイプードル)

体重:3.5kg

飼育歴:12年3ヶ月

居住地:東京都武蔵野市

飼育環境:屋外

11月16日、いつも食欲旺盛で食べない事がなかったのですが、エサもおやつも食べなくなり、次の朝嘔吐したので、病院に連れて行き皮下注射を打ち、血液検査、エコー、レントゲン異常なしでした。そこから数日食欲が戻らず、豚バラしゃぶしゃぶなどのフードを病院で進められて、あげたら凄い食欲で食べたのですが、その後の血液検査で、リパーゼの数値が158から285に上がり、膵炎の疑いありで、皮下注射の治療と食事療法を続けています。3日に1回皮下注射を打ち10回クールが終わりました。
この2週間元気と食欲あります。
病院から膵炎は、何もしないと必ず再発するので、今後もずっと5日に1日皮下注射を継続して続けるように進められました。
今後、皮下注射は犬にとって必要なのか、負担ではないのか、相談したくメールしました。
アドバイスよろしくお願いします。

日時2021-12-14 11:06:10

専門の獣医師からの回答

愛犬に膵炎の疑いがあるとのこと、ご心配のことかと思います。膵炎は元々高脂血症のある犬や、脂肪分の高い食事を与えた犬で起きやすい病気ですが、説明できる理由もなく発症することもある病気です。治療は様々な対症療法が中心となりますが、現在では犬の膵炎用の静脈注射の治療薬も認可を受けて使用されています。数日ごとに皮下注射を行って予防していく治療法については、あまり一般的に用いられているものではないかもしれません。かかりつけの動物病院でおいて再度よく説明を受けられることをお勧めします。

日時2021-12-20 08:28:50

「犬がしっぽを追いかけるのはストレスのサイン?」「犬のストレス解消には多頭飼いは有効?」こんな疑問はありませんか?犬のしつけの専門家が原因や対策を説明します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: