イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

りさ(質問主)


犬アイコン 犬 5歳 オス ビジョン・フリーゼ

体重:7.0kg

飼育歴:5年1ヶ月

居住地:兵庫県姫路市

飼育環境:室内

昨晩発見したのですが、口の中の上顎部分にピンクの丸いできものを発見しました。痛がる様子もなく、食欲、便、元気さは変わりありません。
ネットで調べると切除して悪性かどうか調べるとあったのですが、麻酔のリスクや入院期間、手術が終わってからの食事、水分も心配です。
また犬種によっては麻酔のリスクが高い犬種もいると聞いたのでビジョンルリーゼはどうなのでしょうか?

日時2019-06-04 07:04:37

専門の獣医師からの回答

 口腔内にできる腫瘤(できもの)は、腫瘍の場合もありますが、腫瘍でない場合もありますので、まずは出来るだけ早期に、細胞診を行うことをお勧め致します。細胞診だけでは、診断を確定することが難しい場合もありますが、腫瘍か腫瘍でないか、腫瘍の場合は悪性か良性かを判断するための検査としては、有用だと思われます。口腔内腫瘤に対する細胞診は、通常は麻酔下で行いますが、腫瘤が出来ている場所によっては、無麻酔でも可能な場合がありますので、まずはかかりつけの先生に診て頂いて、判断してもらってください。麻酔に対するリスクにつきましては、術前検査や術中モニターをしっかり行うことで、かなり軽減できると思われます。不安なことがありましたら、かかりつけの先生に素直に質問されることをお勧め致します。なお、ビションフリーゼは、グレイハウンドのように特定の注射麻酔の代謝が悪い(麻酔からの覚めが悪い)犬種には含まれておりませんので、他の犬種に比べて特に麻酔リスクが高い可能性は少ないと思われます。

日時2019-06-10 00:14:02

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: