イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

(質問主)


猫アイコン 猫 3歳 メス スコティッシュフォールド

体重:3.7kg

飼育歴:2年5ヶ月

居住地:大分県日田市

飼育環境:室内

2月に健康診断もかねてエコーをとってもらったところ、多発性のう胞腎であることがわかりました。まだ初期も初期で、見つかることは珍しいと言われ、血液検査・BUN22mg/dL、CREA1.8mg/dLと正常で、尿検査でも異常は見られませんでした。遺伝性の病気で治ることはなく、いずれ腎不全などを発症するということで、定期的に血液検査・尿検査を続けていくことと、腎臓ケアのフードを与えることと説明を受けました。とても悔しくて残念で、ネットなどで病気のこと、腎臓をケアすること、フードのことをたくさん調べました。なかなか腎臓ケアのフードを食べてくれず、食べさせるのにとても苦労しています。病院の先生の説明だけではよくわからず、どこまで徹底してケアフードにしたらいいのかわかりません。ケアフード以外はまったく食べさせてはいけないのか、ふつうのフードと混ぜてもいいのか、おやつやトッピングなどはまったくしない方がいいのか悩んでいます。手作りごはんも挑戦してみましたが、なかなか食べてくれません。まだ腎臓に異常は見られない今の状態で、どこまでフードの規制をしていいのかわかりません。と、いうのは、うちにはもう一匹・1歳になったばかりのノルウェージャンのオスがおります。この子は大型ねこでもありますので、成長期が長く、まだまだ身体をつくる段階の子なので、高たんぱく質で上質のフードを与えていますが(多発性のう胞腎と診断されるまでは、しおもこのフードを食べていました。) どうしてもノルウェージャンの食べているフードをほしがります。まだまだ元気で活発なしおのフードの具合を教えていただきたいと思い相談しました。腎臓ケアフードに少し、ふつうのフードを混ぜて与えてもいいのか・・。ささみが高タンパクでよくないことは分かっていますが、腎臓ケアフードにほんの少し、ドライささみなどのトッピングを与えても大丈夫なのか。。腎臓をケアし、病状の進行をなるべく遅くして長いきしてほしいと心から思っていますが、食べないことも心配でなりません。よろしくお願いします。

日時2019-03-06 14:38:09

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 

この質問の回答は締め切りました。

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: