イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

レオ(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 オス ミニチュアダックスフンド

体重:7.3kg

飼育歴:13年6ヶ月

居住地:千葉県佐倉市

飼育環境:室内

5日ほど前に急に段差に登れなくなりました。ややゆっくりですが、平坦なところは普通に歩けます。トイレも大丈夫です。
受診したところ、軽い椎間板ヘルニアで、3日分の痛み止めをもらいました。
日に日に回復しているようです。気を付けていますが、スロープに登ったりもできるようになっています。
明日あたりから少しずつ散歩も始めようと思っています。
老犬で太り気味なので食事には気を付けていますがなかなか減量できないところ、発症してしまいました。
今後減量のほかにどのような対策をすればよいでしょうか?
少しでも症状が進行しないようにと思っています。
針治療とかも聞きますが、どうでしょうか?
よろしくお願いします。

日時2019-02-10 11:29:02

専門の獣医師からの回答

主治医の先生とよく治療方針についてお話しいただければすむ相談であると判断します。
3日目からスロープが登れ、4日目から散歩を再開するというのは、椎間板ヘルニアの内科的治療の方針からはかなり外れた方法論と思います。まずは鎮痛剤を使わずに、2週間安静にするのが一般的ではないでしょうか。その後、徐々に運動再開するのが理論的かと想像します。
次に、横方向に重力のかかっている犬猫では、減量がもしかしたら人間ほどは予防として有効かどうか私は不透明だと感じています。もしかしたら、関節軟骨のサプリメントは有効かもしれませんが、証拠がありません。鍼治療についても、好きな先生は効果を期待されますが、私的には想像しかできない領域です。
今一度、主治医の先生とよく話してみてください。

日時2019-02-16 00:26:20

レオ(質問主)


コメントありがとうございました。
主治医はあまり深刻に考えてない様です。
今は、ほぼ回復していますが、再発が怖いので
できるだけ段差は避けるように気を付けています。室内のスロープや階段も改善します。
関節軟骨サプリメントは考えてみようと思います。

日時2019-02-16 09:51:16

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: