イヌ・ネコの健康医療相談

犬が血小板減少症で、ステロイドと免疫抑制剤を飲んでいますがよくなりません

飼い主からの相談に専門の獣医師が回答します

(質問主)


犬アイコン 犬 5歳 メス その他

体重:7.8kg

飼育歴:4年10ヶ月

居住地:神奈川県平塚

飼育環境:室内

今年の3月に血小板減少症と診断されステロイドと免疫抑制剤飲んでますが、一向に上がりません。
もう8ヶ月経ちました。
血小板だけが0に等しく他の数値は正常なのですが、血小板減少症の他に考えられる病気はありますか?

日時2016-11-27 08:23:07

専門の獣医師からの回答

血小板だけが減少する病気としては、やはり免疫介在性血小板減少症が最も多く発生します。
血栓症などでも減少しますが、0近くなることはないと思います。
無巨核球症という病気もまれにありますが
治療は同じく免疫抑制療法がおこなわれます。
治療に反応がないから他の病気と考えるより、治療に対する反応が悪いと考え、他の免疫抑制療法を
行うのも方法です。
犬の種類が書かれていませんが、キャバリアでは血小板減少症はよく認められ、通常治療を必要としません。

日時2016-12-05 20:35:18

(質問主)


返信ありがとうございます。マルチーズとダックスフンドのミックスなのですが、血小板減少のみだと治療を必要としないということですが、うちは三月に紫斑が出ましたがそれでも治療は不要なのでしょうか。

日時2016-12-05 22:36:30

キャバリアだけは、治療を必要としないケースが多いですが、
他の犬種では、必ず治療が必要です。
特に紫斑が出てる場合は早急に血小板を増やす必要があります。
他の免疫抑制剤を使用するなど
主治医の先生に相談されてはいかがでしょうか。

日時2016-12-12 17:20:15

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: