猫好き胸おどる専門書店 「神保町にゃんこ堂」は猫まみれだった

神保町にゃんこ堂店内。書棚を眺めているだけでも楽しい。
神保町にゃんこ堂店内。書棚を眺めているだけでも楽しい。

「本の街」東京・神保町に、日本全国や海外から猫好きが訪れる書店がある。猫専門の「神保町にゃんこ堂」だ。SNSやマスコミで話題の店を訪ねると、まさに“猫まみれ”だった。

(末尾に写真特集があります)

 

 地下鉄・神保町駅の出口近く、猫の絵が描かれた看板が目にとまる。店頭に週刊誌が並ぶごく普通の姉川書店の中に、猫本コーナー「神保町にゃんこ堂」はある。ほぼ3分の2が、にゃんこ堂だ。

一見、ごく普通の本屋さんだが、よく見ると看板が…。
一見、ごく普通の本屋さんだが、よく見ると看板が…。

 書棚には、上から下まで、猫本がずらりと並ぶ。「表紙を見せて飾っているので、初めての方は『おぉ~~』と歓声をあげてくれます」と、姉川書店の店主・姉川二三夫さんの娘、ユウコさんはいう。

 現在、猫本は350種類ほど。写真集はもちろん、絵本、ムック本、猫について書かれた一般書、コミック、小説が、表紙が見えるように並ぶ。猫グッズも所せましと置かれ、壁にも猫の写真がびっしりと飾られている。その“猫まみれ”の光景は、猫好きなら、胸が躍ること間違いなしだ。

 仕入れから、広報、イベント企画など、にゃんこ堂の業務全般を担当しているのは、ユウコさん。オープン当初から続けているイラスト入りのオリジナルブックカバーが人気で、店頭購入者の特典になっている。書棚を使った猫画展や写真展、サイン会なども好評だ。

イラストレーターのくまくら珠美さんデザインのオリジナルブックカバーが大人気。
イラストレーターのくまくら珠美さんデザインのオリジナルブックカバーが大人気。

 雨降りでも、お客がひっきりなしに訪れる。赤ちゃんを連れた女性は「テレビの情報番組で見て、猫の絵本を探しに来ました」。SNSなどで紹介されており、台湾や韓国、欧米からも客が訪れる。

 もともと姉川書店は、1980年頃から続く、ごく普通の書店だった。だが、出版不況のあおりで客がどんどん減り、一時は閉店も考えた。「店を閉めることになっても、最後にお客さんが立ち止まって見てくれるものをやりたい」。家族の意見が一致した。

 猫本を置くことを提案したのは、猫を飼っているユウコさんだった。調べてみると、数多くの猫本があることがわかった。「やるなら、とことん楽しもう」と、猫本のコーナーの上に「神保町にゃんこ堂」という看板を掲げ、独立した書店のように演出した。

 2013年6月にオープン。100種類(書棚3本分)から始まった。2か月経った頃からネットニュースなどで紹介されるようになり、冬ごろから客足が伸びた。猫本コーナーをじわじわと拡大していった。

 ユウコさんは「猫フリークの皆さまを“思わずニンマリ”させちゃうような企画を今後もいろいろ仕掛けて行こうと思っています」と話している。

「神保町にゃんこ堂」
住所:東京都千代田区神田神保町2-2 姉川書店内
営業時間:平日10:00―21:00、土曜/祝日12:00―18:00、日曜定休
http://nyankodo.jp/
sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。