イヌ・ネコの症状辞典

尿が出にくい

 尿は腎臓じんぞうでつくられ膀胱ぼうこうにたまり、尿道を通って体外に排泄はいせつされます。ところが、尿の排泄がスムーズにいかないことがあります。このような状態を排尿困難といいます。

 排尿姿勢をとるものの尿がまったく出ない、あるいは少ししか出ない、尿をポタポタと漏らすなどが典型的な症状です。

 まったく排尿できない状態が長く続くと、高窒素血症こうちっそけっしょうなどの重篤な状態に陥ることもあります。

 排尿困難は、イヌ、ネコともに起こりますが、雌よりも雄によくみられます。

原因
 
 膀胱から尿道口にょうどうこう(尿の出口)までの間に腫瘍しゅようや結石などがあると、障害物となって排尿困難を起こします。
●腫瘍
 膀胱や尿道に腫瘍があると、それが排尿路をふさいでいることがあります。また、子宮やちつ、直腸に発生した腫瘍が、尿道を外側から圧迫するために排尿困難を起こす場合があります。

前立腺ぜんりつせんの異常
 尿道は前立腺の中を貫通しています。このため、腫瘍や膿瘍のうようなどによって前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて排尿困難を起こします。

●膀胱結石
 結石は雌でも雄でも形成されますが、雄のほうがより排尿困難の原因になります。これは雄の尿道が雌に比べて細く長いためです。
 とくに、雄ネコでは砂のような細かい結石が排尿困難の原因になります。

●尿道が曲がる
 会陰ヘルニアや鼠径そけいヘルニアなどを起こしたときに、膀胱が腹腔ふくくう内から脱出してしまうことがあります。このような場合は、尿道が折れ曲がって排尿困難を起こすことがあります。
観察のポイント
 
●日頃の排尿状態
 排尿回数は個体差があります。日頃から、動物の排尿状況(回数や1回の排尿量、色など)をよく観察しておくことが大切です。

●尿が出ない期間
 尿がまったく出なくなったり、出にくくなったことに気づいたら、早めに受診してください。なかでも、まる1日尿が出ていない場合は急いで獣医師の診察を受けてください。

●ほかの症状を伴う
 嘔吐おうとを伴うときは、尿毒症にょうどくしょうを併発している危険性があります。

●間違えやすい膀胱炎ぼうこうえん
 膀胱炎になると排尿後も残尿感が残ります。実際には膀胱に尿がたまってないのに、残尿感があるため、動物はずっと排尿姿勢をとっていることがあります。ともすれば、飼い主は、このような状態を排尿困難と思い込んでしまいます。
考えられる主な病気
 
尿結石(膀胱結石など)[イヌ、ネコ]
前立腺肥大[雄イヌ]
前立腺の腫瘍[雄イヌ]
子宮や膣の腫瘍[雌イヌ、雌ネコ]
直腸の腫瘍[イヌ、ネコ]
下部尿路感染症(膀胱炎など)[イヌ]
特発性下部尿路疾患[ネコ]
現在飼っているイヌやネコの健康・医療について相談すると、獣医師がアドバイスしてくれるサービスです。
相談内容に応じて、得意とする獣医師に割り振って回答しており、また相談が増えているため、
回答までに数日かかります。このため緊急の相談には対応していません。
土日祝は編集部がお休みですので、相談対応も休みます。

獣医師に相談

協力:動物臨床医学研究所

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

最新の相談・回答