イヌ・ネコの症状辞典

咳をする

 せきは、のど、気管、気管支、肺などの気道内において何らかの刺激が加わったときに起こる一種の反射運動で、刺激物を取り除くための防御的なものです。

 イヌやネコの咳は大きく分けて、「ケッケッ」といった感じの乾いた咳と、「ゼーゼー」といった感じの湿った咳の二つに分けられます。

 ネコはイヌに比較して、咳をする様子はあまりみられませんが、気道内の異物、肺あるいは心臓の腫瘍しゅようにより、咳をすることがあります。

原因
 
●乾いた咳
 乾いた咳では、気道が過敏な状態になるため、のどや首(頸部けいぶ)の内側の部位をさわって刺激すると咳をしたり、咳の後に吐き気のような症状を示すこともあります。
 乾いた咳の代表としては、喉頭炎こうとうえん、気管支炎、気管虚脱などがあります。乾いた咳をしていても、症状が進むにつれて気道内における分泌物がたまって湿性の咳に変化します。

●湿った咳
 湿った咳の代表としては、慢性気管支炎、肺炎、心臓弁膜症、心筋症による肺水腫はいすいしゅなどがあります。

 気道内に異物などを吸引していると咳をします。また、感染症にかかっていたり、気管などの呼吸器系に異常があると、症状の一つとして咳がみられます。また、心臓の病気でもせき込むことがあります。
観察のポイント
 
●咳をする時間帯
 咳をするのはどのようなときか観察してください。運動をしたり興奮したときに咳をするのか、安静時にするのか。朝方や夜間にするのか、1日中するのかなど。

●咳のしかた
 発作的に咳をするのか、繰り返し咳をするのか観察してください。咳は1回のみですか、あるいは長く続くのでしょうか。咳のほかに呼吸困難を起こしていませんか。

●ほかの症状を伴う
 熱があったり、呼吸が苦しかったり、咳とともに気道内から分泌物(気管より排出されるたんなど)や血を吐いていないかなどを観察してください。
考えられる主な病気
 
■乾いた咳の原因
ウイルス感染症
 犬ジステンパー[イヌ]
 犬伝染性気管・気管支炎(ケンネル・コーフ)[イヌ]
呼吸器系の寄生虫症[主にイヌ]
アレルギー[イヌ、ネコ]
喉頭炎[イヌ、ネコ]
気管支炎[イヌ、ネコ]
気管虚脱[イヌ]
気管支圧迫[イヌ]
気道内異物[イヌ、ネコ]
好酸球性肺炎[主にイヌ]
僧帽弁閉鎖不全症[主にイヌ]
犬糸状虫症[主にイヌ]
心膜液貯留[イヌ、ネコ]
胸水症[イヌ、ネコ]
乳び胸[イヌ、ネコ]
心臓の腫瘍[主にイヌ]
喉頭・気管の腫瘍[イヌ、ネコ]
肺の腫瘍[イヌ、ネコ]
喘息[ネコ]
肺炎[イヌ、ネコ]

■湿った咳の原因
気管支炎[イヌ、ネコ]
肺水腫[イヌ、ネコ]
弁膜の疾患[主にイヌ]
心筋症[イヌ、ネコ]
肺炎[イヌ、ネコ]
気管支拡張症[イヌ、ネコ]
現在飼っているイヌやネコの健康・医療について相談すると、獣医師がアドバイスしてくれるサービスです。
相談内容に応じて、得意とする獣医師に割り振って回答しており、また相談が増えているため、
回答までに数日かかります。このため緊急の相談には対応していません。
土日祝は編集部がお休みですので、相談対応も休みます。

獣医師に相談

協力:動物臨床医学研究所

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

最新の相談・回答