イヌ・ネコの症状辞典

目が赤い

 上まぶたおよび下まぶた(上眼瞼じょうがんけんおよび下眼瞼)と眼球をつないでいる結膜けつまくは、外界と直接触れているため、種々の原因により炎症を起こすことがあります。

 結膜が炎症を起こし充血すると、いわゆる赤目の状態(眼結膜充血がんけつまくじゅうけつ)になります。

原因
 
 目が赤くなる病気では結膜炎が知られています。原因としては、ほこり、植物の種子、各種スプレー、その他の物理的刺激、外傷、細菌やウイルスなどの微生物による感染、アレルギーなどがあります。
 一般的には、片方の目が赤い場合は物理的刺激が原因で、両側の目が赤い場合は細菌やウイルスによる感染症、アレルギーが主な原因となります。
 結膜炎のほかに目が赤くなる原因としては、眼瞼の構造上の問題、角膜などの眼球における炎症の波及、赤血球増加症、興奮、体温の上昇などがあります。
観察のポイント
 
●ほかの症状を伴う
 一般に、目が赤い場合には次のような症状が多くみられます。
・涙の産生量が増加する。
・目やにが増える。
・かゆがる。
・目にさわられるのをいやがる。
・頻繁に瞬きをする。
・眼瞼周囲の脱毛を伴う。
 伝染性のウイルス感染症では、熱や呼吸器症状を伴っていることがあります。

●その他の観察ポイント
 外耳炎がいじえんや皮膚感染症などの病気があると、かゆみから前足で目の周囲をいてしまい、目が赤くなることがあります。
 したがって、耳の中や頭部の皮膚に異常がないかどうかも観察しましょう。
考えられる主な病気
 
〈眼瞼の疾患〉
眼瞼内反症(好発犬種:ブルドッグ、セント・バーナード、チャウ・チャウ、ラブラドール・レトリーバーなど)[イヌ]
眼瞼外反症(好発犬種:セント・バーナード、ブルドッグ、ボクサー、ラブラドール・レトリーバーなど)[イヌ]
睫毛乱生(好発犬種:チワワ、トイ・フォックス・テリア、ペキニーズ、パグなど)[イヌ]
眼瞼炎[イヌ]

〈結膜の疾患〉
結膜の異常:異物など物理的刺激[イヌ、ネコ]
結膜炎[イヌ、ネコ]

〈角膜の疾患〉
乾性角結膜炎[主にイヌ]
好酸球性角膜炎[ネコ]

〈感染性疾患〉
猫伝染性鼻気管炎[ネコ]
猫ヘルペス角結膜炎[ネコ]
犬ジステンパー[イヌ]
猫カリシウイルス感染症[ネコ]
猫クラミジア感染症[ネコ]

獣医師に相談

協力:動物臨床医学研究所

最新の相談・回答