イヌ・ネコの症状辞典

粘膜が青白い

 粘膜の色は、血液の循環状態や血液中のビリルビンの量などを示します。

 イヌやネコで、粘膜の色を確認できる部位は下記のとおりです。

■粘膜の色を確認できる部位
上まぶたと下まぶたの内側⇒目の結膜
口の内側⇒舌や歯肉の色、唇の粘膜
雄では陰茎の内側⇒陰茎の粘膜
雌ではちつの内側⇒膣の粘膜

原因
 
 粘膜が青白くなる原因の一つは、交通事故や外傷などによる大量出血です。
 そのほか、先天性心疾患や呼吸器疾患による低酸素状態、および交通事故や外傷などによるショックあるいは心疾患などにより末梢組織の血管が収縮し、その結果、血液の循環が減少することが原因になります。
観察のポイント
 
 元気がない、疲れやすい、歩き方がふらつく、呼吸が速い、失神した、足の先が冷たいなどの症状がみられた場合は、先にあげた部位の粘膜の色を確認してください。
考えられる主な病気
 
気管支・肺の疾患[イヌ、ネコ]
胸腔・胸膜の疾患[イヌ、ネコ]
貧血[イヌ、ネコ]
心臓疾患[イヌ、ネコ]
ショック状態[イヌ、ネコ]
現在飼っているイヌやネコの健康・医療について相談すると、獣医師がアドバイスしてくれるサービスです。
相談内容に応じて、得意とする獣医師に割り振って回答しており、また相談が増えているため、
回答までに数日かかります。このため緊急の相談には対応していません。
土日祝は編集部がお休みですので、相談対応も休みます。

獣医師に相談

協力:動物臨床医学研究所

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

最新の相談・回答