イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス シェトランド・シープドッグ

体重:9.9kg

飼育歴:10年10ヶ月

居住地:兵庫県尼崎市

飼育環境:室内

今年5月の末に食欲がなくなり、かかりつけ医にて相談。当初、体表リンパの腫れは無く、その後も食欲、元気が無いためエコー検査をし、内臓にリンパの腫れを確認、後日針を刺しての検査の予定でしたが、その日に小さな体表リンパの腫れを確認して、その部分を検査してT細胞のリンパ腫と判明。
すぐにアスパラギナーゼ、ビンクリスチン、ドキソルビシン、プレドニゾンにて4週に渡り抗がん剤治療をし、寛解となりました。ですが、抗がん剤治療の6週目に入る直前にまた食欲が落ち、体表リンパの小さな腫れが見つかり、もう一度最初から同じ抗がん剤治療を始め、しばらくして、食欲も前ほどでは無いですが戻ったのですが、現在2回目の2週目を終えたところでまた食欲が無くなってしまいました。今のところ体表リンパの目立つ腫れはないとの事ですが、再発のような状態です。主治医からはリスクがあるが、レスキュープログラムのロムスチンでの抗がん剤治療も提案されています。
今の状態もあまり良くないのですが、これより悪くなる前に決めた方が良いと言われています。
抗がん剤治療をしてもまたすぐに再発するような気もしますし、きつい副作用も心配です。家族は少しでも元気になる可能性があるなら一度やってみようと言われていますが、いずれ再発し、弱って行くのなら延命してるだけのような気がして、彼女に無理をさせてるような気さえしています。
とても迷っています。
また、緩和治療の事も主治医に聞きましたが、治療というより対処療法というような感じに聞き取れました。
どちらにしてもいずれ行う事になる緩和治療という物もどういう物か教えていただきたいです。
私たちの気持ちより彼女が少しでも辛く無い方法がないかと思っています。
よろしくお願い致します。

日時2021-08-02 17:43:11

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: