イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

arisa0712(質問主)


猫アイコン 猫 メス ブリティッシュショートヘア

体重:2kg

飼育歴:0年0ヶ月

居住地:神奈川県横浜市瀬谷区

飼育環境:室内

FIPのような症状を発症し(腹水のみ)たのですが、元気も食欲もあり、排泄もしっかりできている状況です。
病院でレントゲン、超音波、腹水検査をしたところ、猫コロナウイルスは持っているようなのですが、血液検査で検出限界以下と出て、病院の先生も首を傾げてしまっている状態です。

このような症状で、FIP以外に考えられる疾病ってあるのでしょうか?このまま様子を見ると言われてしまったのですが、他に考えられるものがあれば最善を尽くしたいです。

日時2021-07-28 10:27:48

専門の獣医師からの回答

腹水は大きく漏出液と滲出液に分かれます。FIPや、その他腹腔内に何らかの炎症を伴う異常がある場合は、通常浸出液の性状を有する腹水がみられます。ご愛猫の腹水は炎症性の浸出液でしたでしょうか?
「腹水検査をしたところ、猫コロナウイルスは持っているようだ」とございます。「腹水中に猫コロナウイルス遺伝子が検出された」と理解してよろしいでしょうか。そうであれば、血液中の猫コロナウイルス遺伝子が検出限界以下であっても、FIPが疑われます。「腹水中の猫コロナウイルス遺伝子定量検査」と「血中の猫コロナウイルス抗体価」はFIP診断の感度が異なりますのでご確認下さい。
その他、血液検査で総白血球数の増加や血清グロブリン濃度の増加、および発熱などもFIPの診断を指示する所見です。
「食欲・元気もあって腹水のみ認められる」とのこと、FIPの可能性が低い場合は原点に戻って腹水の性状検査に基づいて原因を探って行くことになります。
漏出性の腹水が若齢猫でみられることは多くなく、通常は肝硬変や心機能低下で見られるのが一般的です。
今後経過観察されるなかで早期に原因が特定できると良いですね。
どうそお大事になさってください。

日時2021-08-04 11:34:08

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: