イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

あずき(質問主)


猫アイコン 猫 12歳 オス 雑種

体重:3.6kg

飼育歴:11年2ヶ月

居住地:東京都大田区

飼育環境:室内

1ヶ月くらい前から鼻詰まりと痰が絡んだような状態になり、かかりつけ医で細菌性の猫風邪という診断でコンベニアの注射をしました。その後20日間くらいは症状も治り、元気だったのですが、また同じ症状になりました。そこで、再びコンベニアを注射しました。しかし、今度は全く症状が改善せず、片方の鼻から鼻水が出るようになりました。前回の時は鼻詰まりで鼻水が垂れると言う感じは無かったのですが、今回はドロッとした鼻水がでて、固まり、鼻がふさがれた状態です。ちなみに、1年前からアレルギー性の咳による肺炎症状があり、プレドニゾロンも毎日処方しています。
お聞きしたいことは、今回のコンベニアがきれる2週間後、また注射をした方が良いのか?また、コンベニアは連続で投与して大丈夫なのか?という事と他に考えられる病気があるのか?プレドニゾロンを投与しているとコンベニアの効果が薄れてしまう事があるのか。コンベニアが効かないとなるとウィルス性を疑うべきか、アドバイス願います。
ちなみに、昨年歯石取り時の全身麻酔で肺炎を起こしてから体調を崩すようになり、全身麻酔が必要な検査はできません。全身麻酔前10年近くは何の病気もなく過ごしていました。

日時2021-04-13 18:15:44

専門の獣医師からの回答

内容を拝見いたしました。整理すると①1ヶ月前に鼻詰まり、咳がみられコンべニアを注射し改善、同様の症状が出現しコンべニアを注射したが効果なし②1年前からステロイドを服用③麻酔後に肺炎となる。
これらから呼吸器の潜在的な疾患があると思われます。前回は効果がみられたコンべニアに反応がみられないことから別の抗生剤を投与を考慮すべきだと思いますが、ステロイドの投与量にもよりますが1年間にわたり服用していることで免疫抑制が起こっている可能性があります。潜在的な疾患として喘息を鑑別する必要があると思います。また細菌の感受性試験も考慮する必要があると思います。主治医とご相談ください。

日時2021-04-19 10:51:33

ネコヘルペスウイルスやネコカリシウイルスといった病原体によって症状は異なります。猫風邪の予防となるワクチンについて、猫専門病院の服部幸先生が詳しく解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: