イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

あいちゃん(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス 柴

体重:10.0kg

飼育歴:11年6ヶ月

居住地:鳥取県西伯郡大山町

飼育環境:屋外

2002年10月17頃、急に背中の後ろ部分をかなり痛がり、すっかり弱ってきましたが、10月19日、どうぶつ病院で、プレドニゾロン錠の5m処方してもらい、一日1錠投与
七日後に回復した様子。
一方、歯周炎がひどくなっていましたが、、この薬のせいか、やや回復してた様子です。
このまま、歯周炎の治療のため、この薬を投与していいでしょうか。
もしそうなら、どの程度投与すればいいでしょうか。

日時2020-11-04 13:37:14

専門の獣医師からの回答

プレドニゾロン錠は、背中の痛みのために動物病院から処方されたものであれば痛みが治まりましたら必要無なくなりますね。歯周病もあるということですが、歯周病は歯の表面に付いた歯垢・歯石中の細菌が原因で歯肉はじめ、他の歯周組織に炎症を引き起こす疾患です。プレドニゾロンは、ステロイドですので、体の中でさまざまな副作用が現れたり、反対に歯周病を進行させてしまう恐れもありますので長期間の服用は勧められません。歯周病の治療は、麻酔下での歯垢歯石の除去や歯周外科治療や重度の場合は抜歯するなど外科治療を行わなければなりません。ぜひ、動物病院でちゃんと治療してもらってくださいね。

日時2020-11-09 13:15:59

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: