イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

チャチャ(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 メス チワワ

体重:3.8kg

飼育歴:8年9ヶ月

居住地:広島県尾道市

飼育環境:室内

鼠径部が腫れていたので昨日病院で診察してもらったところ 左右の鼠径ヘルニアである事がわかりました。
左は小さいですが右はけっこう膨れています。
今すぐ手術をしなければいけないわけではないとのことでした。
このままヘルニアをもったまま生活するか 今後の事を考えて手術するかは考えてみてくださいとのことで 手術をした方がよいのかわからず悩んでいます。
手術をするようであれば その時に子宮もとった方が子宮蓄膿症などにもならないので その方がいいと思いますとのことでした。
手術はしたほうがよいのでしょうか?

日時2020-09-09 09:22:11

専門の獣医師からの回答

今後鼠径ヘルニアが拡大する可能性、ヘルニア孔から脱出した組織が嵌頓状態になり壊死する可能性などがあることから鼠経ヘルニアの手術はした方が良いと思います。
年齢的に子宮蓄膿症などの卵巣子宮疾患などが起こりやすいですので、元気なうちに避妊手術を受けられるのも良いと思います。
今のこの子の健康状態がわかりませんので、主治医の先生と良く相談して決めてください。

日時2020-09-11 16:18:26

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: