イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ゆゆゆ(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 オス 柴

体重:不明

飼育歴:14年11ヶ月

居住地:大阪府豊能郡豊能町

飼育環境:室内

昨日の夕方頃急に、右顎から喉にかけてが凄い腫れていて、見てすぐ分かったので、今まで気付かなかったとかでは無いと思います。 それで、触っても特に痛がる様子も無く、コリコリとしたようなものがある様にも感じられませんでした。でも、こんな事が起こったのは始めてて調べてみたらリンパ腫が出てきたりと、怖かったのですぐ病院に連れていったのですが、エリザベスカラーをされたのであまりちゃんと正面から見て貰えず、触っても特にしこりがあるようでもなかったので、たるんでるんじゃない?と言われました。 病院の先生が触診してそういうのであればそうなんじゃないかな、と安心したのですが、帰ってちゃんと見てみると少し昨日よりも大きく腫れている気がして、もしこの腫れのせいで呼吸しずらくなったりとかしたら怖いな、と思い、でも近くに病院があまりないので、怖くて相談させて貰いました。 本当にたるみだったらいいのですが、それだと中央にたるむんじゃないかな、と思っていて右側だけ異様に腫れているので、疑っています。返信よろしく御願いします。

日時2020-07-08 01:06:54

専門の獣医師からの回答

顎の下が急に腫脹した場合、その腫脹が「しこり」ではなく、痛みもなく、波動感(ブヨブヨした感じ)があるようでしたら、頸部粘液嚢腫(腫瘍ではありません)の疑いがあると思われます。頸部粘液嚢腫は、唾液腺やその導管が傷害を受け、唾液が周囲組織に漏出することで起こります。唾液腺は左右にあるので、傷害を受けた側が腫れることもあります。漏れが治まれば、腫脹は落ち着き、ブヨブヨ感は残りますが、緊急性はなくなります。漏れが治まらず、腫脹が進行するようでしたら、呼吸に影響を与えることもありますので、粘液の吸引や外科的な治療(唾液腺の摘出)が必要となります。
腫脹が進行するようでしたら、その変化がわかるような写真を撮って、主治医の先生にご相談ください。

日時2020-07-09 16:04:46

ゆゆゆ(質問主)


お返事頂き有難うございます。
腫瘍では無いようなので緊急性がないと言うことがわかり少し安心しました。ですが、その頸部粘液嚢腫というのは、放っておいても治る可能性があるということでしょうか? また、どのくらいの期間この腫れている状態が続けば病院に行って検査してもらった方が良い。などありますか?家の 近くには小さなアニマルクリニックしかないのですが、頸部粘液嚢腫の手術はどの病院でも比較的に扱って貰えるようなものなのでしょうか?それとも、大きめの動物病院で扱われるようなものなのでしょうか?

日時2020-07-09 16:57:52

ご依頼文と写真から頸部粘液嚢腫の疑いがあると回答させて頂きましたが、本当にその病気かどうかにつきましては、病院で診察、検査を受けられて、きちんと診断してもらってください。
仮に頸部粘液嚢腫であった場合、腫れている期間よりも腫れている状態をみて、受診の判断をしてください。波動感(ブヨブヨ感)があり、元気、食欲もある間は、経過観察で良いと思われますが、腫脹が続き波動感が無くなってくる(パンパンに張ってくるという感じになる)ようでしたら、早く受診された方が良いと思われます。唾液の周囲組織への漏出は、自然に治まることもあります(波動感は残ります)が、治まらないこともあります(この差は導管の傷害の程度に起因すると思われます)。患部を触りすぎないよう注意してください。
治療が必要な場合、唾液は粘張性が高く、針で吸引することが難しいため、一般的には唾液腺の摘出が必要となります。頸部の手術であるため、簡単な手術とはいえませんが、特別な設備が無いと出来ない手術でもありません。手術ができるかどうかにつきましては、直接病院に尋ねるしかないと思われますが、今の主治医の先生にご相談し、もし難しいようでしたら実施可能な病院(例えば二次診療施設)を紹介して頂くことも出来るのではないかと思います。

日時2020-07-10 00:40:56

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: