イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ニコル(質問主)


猫アイコン 猫 3歳 オス 雑種

体重:6kg

飼育歴:3年1ヶ月

居住地:茨城県神栖市

飼育環境:室内

 食欲など変わりなし。走り回るほど元気。
 過去に病気なし。
 3月9日頃に高熱と口内炎、両顎にしこりが出来て病院で治療を受けるも、しこりが残る。
 3月20日に検査を受け、血液検査問題なし、エイズ検査問題なし、細胞診をやったところ、腫瘍でもないとのこと。口内炎の炎症でしこりが出来たのでは?と2週間分の抗生剤二種類を飲ませてあと2日で飲み終わる予定。
 右側の顎だけしこりが残っているのですが、このまま放置しても大丈夫なのでしょうか?
食欲、排泄、他の病気等、問題ありません。

日時2020-04-08 07:38:07

専門の獣医師からの回答

両顎のシコリはおそらくリンパ節と思われます。
抗生物質の内服でシコリが小さくなっているとすると、先ずは口内炎に反応して大きくなっていた可能性が考えられます。
このまま経過観察で良いか、追加で抗生物質を継続する必要が無いかなどについては、出来ればもう一度受診して経過を診て頂かれると安心ですね。
食欲も元気も良好とのことですので心配ないと思いますが、リンパ節は顎の部分だけでなく、膝の後ろや腋の下、頸のつけ根、内股など大きくなった時に触れ易い場所がありますので、再診時にリンパ節の触り方を尋ねてみられては如何でしょうか。

日時2020-04-09 23:27:46

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: