イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

earth(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 オス 雑種

体重:10kg

飼育歴:10年7ヶ月

居住地:千葉県船橋市

飼育環境:室内

年に一回の健康診断でレントゲンを受けたところ、肺に大きめの腫瘍があると言われました。
ただ、この腫瘍が何なのか詳しく調べるには、全身麻酔をしてCTを撮る必要があり、そこでもし癌だとわかっても、治療法としては肺の大部分を切除する必要があり、そうするとワンちゃんの身体にかなり負担がかかってしまうとの事。
もし、そうなった時に手術を望まないのであれば、腫瘍の事はいったん忘れて、このまま様子を見ても良いのではとの事でした。
先生の言う事は理解できるのですが、本当にこのまま何もしないで良いのか、後で後悔してしまいそうでとても悩んでいます。
今どうすべきなのか、治療の事も含め他の先生のご意見も聞かせていただきたく質問させて頂きました。
アドバイスよろしくお願いいたします。

ちなみ、一年前にレントゲンを撮ったときには何も写っていなかったです。
また、現在肝臓が悪く通院中です。

日時2020-04-05 02:08:48

専門の獣医師からの回答

 肺腫瘍は孤立性で明らかな転移がないのであれば摘出したほうがいいと思います。多数の肺腫瘍がある場合には、肺への転移を疑いますので手術の適応ではありません。原発の腫瘍が別にあります。
肺の大部分という表現が気になりますが、1つの腫瘍であれば肺の1つをとるだけなので、大部分を失うことにはなりません。複数の腫瘍であれば前述したように手術不適応の可能性が高いです。肺の大部分を失う手術はそれだけで死亡しますので、そもそも肺の大部分を摘出する手術自体存在しません。
 手術適応の肺腫瘍でも手術を希望されないのであれば、経過を見るしかありませんが、手術ができるなら手術を受けたいと思われるのであれば、CT検査をして詳細な診断を受けるべきだと思います。
手術は大きなものになるでしょうが、そんなに大きな腫瘍であれば近い将来に呼吸困難が生じ、結局はその腫瘍によって命を奪われるでしょう。
 手術を選択するかしないかも含めて、担当の先生にもう少しよく話を聞かれた方がいいと思います。よくご相談ください。

日時2020-04-06 12:46:28

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: