イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まあちゃん(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 メス 雑種

体重:17kg

飼育歴:10年0ヶ月

居住地:東京都三鷹市

飼育環境:屋外

10歳の雌犬。17キロ外飼い(夜間室内)。雑種(セターミックス)

4年ほど前に血尿が出て治療を受けてからロイヤルカナンの㏗コントロールのフードを与えています(7歳からはライト)。2年前に膀胱炎の薬服用、現在尿に異常なし。

ちょうど1年前に炎症を伴う毛包上皮腫で尾部皮膚、肩甲部皮膚、右目上まぶた切除(経過良好)。

半年ほど前から少量の尿漏れがあります。排せつのため2~3回散歩。昼間は外にいて排せつ可能な環境ですが、ほとんどしていないようです。
だいたいじぶんでなめてしまいますが、直径10センチほどの水たまり様になっていることもあります。
かかりつけ医はCTなどで検査をしてもいいが、内臓が深いので見えにくいとのことです。

また、10日前の採決でALPが7488(昨年3682)と異常に高いことが判明。
他尿素窒素8.6 中性脂肪151 カリウム5.3 以外は正常値

尿漏れとALP異常値から考えられる病気について教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

(2019.5.23)


日時2019-05-23 14:50:52

専門の獣医師からの回答

尿漏れとALP異常値から一番考えられるのは、副腎機能亢進症による多尿症でしょうか。

日時2019-05-25 11:41:48

まあちゃん(質問主)


ご回答ありがとうございました。

血液検査の結果、副腎機能亢進症ではないことが
判明いたしました。
肝臓の病気が疑われるとのことで、CTをとるか
検討しているところです。

日時2019-06-26 14:21:35

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: