イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

たら美ママ(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 メス 雑種

体重:3.5kg

飼育歴:1年5ヶ月

居住地:岡山県津山市

飼育環境:室内

3日前、夕方自宅に戻ると声は少しするのですが動けない状態でした。少し歩けたのですが全く力が入らない様子でした。すぐに病院連れて行ったら低体温状態でした。暖めてもらい体温が上がると動きもよくなったのですが、血液検査の結果ではっきり原因が分かりませんでした。ウイルス性、エイズ等も陰性で貧血もありませんでした。そのまま自宅に戻ったのですがぐったりしており呼吸が早くなり朝一で再度病院受診をしました。また低体温状態で酸素室での入院になりました。その日にエコーやレントゲン検査をすると心臓は正常で胸水と腹水が多少溜まっているとのことでしたが原因ははっきりしないとのこと。酸素室の中にいると状態は落ち着いているとのことです。排便の状態はカスカスです。自宅に薪ストーブがあると話すと一酸化炭素中毒の疑いではないかと先生はおっしゃられています。口に入った中毒性だと嘔吐や高熱があるとのことでしたが嘔吐もなく低体温です。何か疑われるものはありますか。意識はしっかりあり、自分で顔をあげたり座ろうとはしています。

日時2019-04-14 17:01:23

専門の獣医師からの回答

ご心配ですね。内容から二つの疾患が疑われます。一つは胸水と腹水が貯留していることから、循環器の疾患を疑います。血液の流れや、血圧が低下している可能性があります。二つ目は代謝障害が疑われます。その中で甲状腺機能低下症の疑いがあります。甲状腺の機能が低下すると心拍数や血圧が低下し、体温も低下します。今後の循環器検査として心電図検査、エコー検査などが必要と思います。またネコには甲状腺機能低下症は少ないのですが、甲状腺のホルモンを測定する必要があると思います。主治医の先生とよくご相談してください。

日時2019-04-21 00:15:35

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: