イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

miu(質問主)


猫アイコン 猫 7歳 メス アメリカンショートヘア

体重:3.0kg

飼育歴:6年2ヶ月

居住地:大阪府柏原市

飼育環境:室内

はじめまして。
去年2月に腎不全と診断されて、今年1月20日に6歳と3ヶ月で亡くなったアメショのことです。診断された時には末期の数値で、もういつ亡くなってもおかしくないと言われ、静脈点滴(ここの病院は朝9時から夜7時まで)をまず続けて、次に皮下点滴に変えました。5月ごろから自宅での皮下点滴3日に1回60mlに変えて治療続けていたら、病気とは思えないくらいにまで回復してくれました。しかし10月にワクチンで久々に病院に連れて行った時に血液検査をすると以前の末期ですと言われた数値より悪くなっていたみたいで、またその日から静脈点滴にかえました。すごく食べてくれて元気だったのでまさかの数値にショックでしたが静脈点滴にするとまた、元気になると思い通いました。通って3日目くらいに自宅に連れて帰ると歩けなくなるくらいまで弱ってしまって、すぐに病院に電話したら、今晩死んでしまうかもしれません。と言われました。だけど、かなり弱ったけど、流動食など続けているとまた、自分からカリカリを食べてくれるようになり、2週間ほど続けた静脈点滴をやめて自宅での皮下点滴にかえました。先生からの指示で今回は毎日60mlの皮下点滴にしました。するとまた、病気とは思えないくらいにまで回復して調子が良くなりました。ここからが私のミスかなと思う事なんですが、年末7日間病院がお休みに入るのでもし、その休みに何かあったらと不安になり、先生に訪ねたら元気だったら自宅で皮下点滴でいいと思いますと言ってくださったのに、病院でのうちの猫はストレスかかってますかって聞くと、それはないですよの一言で、皮下点滴より静脈点滴の方が効果があると聞いていたので暮れの3日間元気なのに静脈点滴朝9時から夜7時までを続けました。だけど静脈点滴をしたからと言ってもすごく元気になるわけではなかったです。今年に入って6日くらいから食べる量が減ったかなと感じ、徐々にカリカリを食べずに缶詰ばかり食べるようになってきました。14日にはまた元気がないと確信できるくらいになってきたので、先生に静脈点滴にかえた方がいいかなと聞いて、15日からまた、静脈点滴に連れていきました。17日に連れて帰ってきたらまた、歩けないくらいまで急に弱って、朝にはトイレにも行けず、横たわって私はもうダメだと確信し、朝9時から連れて行く予定でしたが電話をして状態を話ししてもう、看取りますと伝えたところ一度連れてきてくださいと言われ寝たきりになっていた猫を連れていき検査すると低体温でショック状態なので、また静脈点滴をしたりで治療してくれました。7時に迎えに行くと自分からキャリーに入ってくれるぐらい朝より少し元気になってくれて 連れて帰りました。次の日も朝9時から夜7時までの静脈点滴に連れていき、迎えに行くまた、自分からキャリーに入ってくれるぐらい元気ですよ。と言ってくださったのですが、キャリーの猫を見るとぐったりしてるように思えたのですがそのまま、連れて帰りました。その夜は鳴いて苦しんだでばかりで、朝7時ごろには寝込んで息も荒くなり9時からしか病院が開かないので家でもがく猫をギリギリの時間まで待って、それから車に乗せて病院の目の前で息が途絶えました。最後は車の中で私の腕の中で亡くなりました。
私は今回、年末元気なのに静脈点滴に3日間連れて行った事、今年に入ってカリカリは食べなくなったけど缶詰は食べてくれて普通に過ごしていたのにまた、15日から静脈点滴に連れていき、17日にはショック状態になったこと。結局、うちの猫は病院のストレスで亡くなった、あるいは静脈点滴がダメだったのかとずっと悔やみ続けてます。9日にはしゃいでいる動画を撮ってたので、死ぬほどではなかったと先生に聞いてたら、末期で1年間過ごせてたことの方がすごい事で、悪い数値に慣れていたからここまで過ごせた。いつ亡くなってもおかしくない状態でした。と言われました。だけど、今回は私がやたら病院に頼ってしまった、静脈点滴が一番いいと思いこんで、病院を嫌がる猫をキャリーに入れて10時間も静脈点滴連れて行った自分のことが本当に悔しくて、何でもっと家でゆっくりさせてあげなかったのか、病院で静脈点滴をしなかったらもっと生きてくれていた、何度か先生にもう少し気楽にした方がと言われたことがあって、私ってすごく必死になり過ぎて、猫の気持ちをもっと考えてあげれなかったことに毎日悔やんです。6歳になったばかり、まだまだ遊び盛りなのに。
なぜ急に亡くなったのか本当のことが知りたいです。ご回答宜しくお願い致します。

日時2019-02-07 02:38:19

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
ご利用ありがとうございます。
愛猫を亡くされたとのこと、ご心中お察し申し上げます。
健康医療相談は実際に動物を診察するわけではなく、
ご投稿内容だけで判断してアドバイスするサービスです。
このため一般論以上のご回答は困難です。
今回のご相談については、
もともと腎不全の末期段階との診断があったようですので、
きっかけは何であれ、腎不全が原因だと思われます。
お役に立てず申し訳ありませんが、これ以上のご回答は難しいということをご理解ください。

日時2019-02-14 14:03:26

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: