イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

Kiyoko22 (質問主)


犬アイコン 犬 4歳 オス ポメラニアン

体重:2.5kg

飼育歴:3年5ヶ月

居住地:福岡県北九州市若松区

飼育環境:室内

4歳(2015.5.20生まれ)♀のポメラニアンです。
一昨年の6月に初めてのサマーカットしてから体毛が伸びなくなりました。
伸びないどころか地肌が見えるくらいになり腰から下は色素沈着まであります。
掛かり付けの病院の院長先生の見解は内分泌系の異常との事でした。まずはサプリのアンチノールとペットフォームを奨めて頂いてのませています。これで成果が無ければ山口大も紹介で来ます。内分泌系の治療をはじめると毛が生え出す子もいますよ〜。と。
しかし、院長先生とは別に長年担当して頂いてる先生はこの症状は改善するのは難しいとの事で治療には積極的ではありません。
それで、ネットで見た神奈川の動物皮膚科専門病院の先生にも相談してみました。
そこでは、1日3回の内服薬と皮膚強化剤の水薬を2種類の処方を提案されました。
遠方なので、希望すれば毎月、薬を送って下さるとの事でした。改善された子の写真もみましたが…迷ってます。
正直、この症状の子がどんな治療をして、どの位の確率で改善されているのか、他に何か良い情報があれば知りたくて。
こちらに相談させて頂きました。
宜しくお願い致します。

日時2019-01-26 16:37:06

専門の獣医師からの回答

症状と犬種、年齢から、「アロペシアX(エックス)」が疑われている状況と推測致します。過去には「成長ホルモン反応性脱毛症」や「偽クッシング症候群」、「去勢反応性脱毛症」などとも呼ばれていました。
 解り易くご説明致しますと、被毛の発育周期が主に休止期の状態で止まってしまうため、脱毛した状態が続いてしまい、色素沈着もみられます。正確な原因は不明であり、現在も細胞レベル、遺伝子レベルでの研究が行われていますが、脱毛以外に異常が見られることはございません。
 本症は、ほかに脱毛の原因となる異常がみられないことと、特徴的な症状および犬種、発症年齢(若齢で発症する)、などから診断することとなります。
 現在、脱毛と色素沈着以外に体調面で異常が無いのであれば、考え方によっては外観の問題ですので、服を着せるといったことで特別治療をしない、という選択肢もございます。
 治療としましては、古くから様々なことが試みられてきました。例えば、未去勢のオス犬であれば、去勢手術によって発毛することが知られています。ただし、全身にフサフサと毛が生えてきても時間(1年半余り)が経過すると再び毛が薄くなり始め、次第に元通りになるのが一般的です。また、20年余り前にはヒトの「成長ホルモン」の注射による治療が行われた時期がございました。確かにこのお薬を注射するときれいに毛が生えてきますが、やはり1年あまりすると脱毛が始まりますし、お薬が高額な上に入手が困難になったことと、反復使用による副作用情報が不明でしたので、その後は行われなくなりました。
 現在は、さまざまなサプリメントを投与することが一般的です。サプリメントの例として、メラトニン(国内での販売はなされていません)やR&U(アールアンドユー・リゾープス麹から抽出)などがありますが、現在御愛犬に投与しておられるものを含め、その他にも様々なものが試みられています。
 サプリメントの効果はまちまちで、飼い主様が期待されるほどの効果を得ることは難しいのが実情です。また、効果の発現までに通常数週間かかります。
 近年、副腎などの内分泌ホルモンの分泌に影響する薬剤(トリロスタン)を使用する方法もございますが、内臓に異常がない動物に対して、脱毛症の治療を目的にこういった薬剤を投与することは批判的な意見がございます。
 アロペシアXの犬は、何かの理由で手術をすると、メスで切開したラインと縫合のために針が刺さったところだけ、抜糸後に毛が生えてくることがあります。ですので、現在残っている被毛を傷めない程度に、特に脱毛部分をブラッシングするなどして皮膚を刺激してあげることは悪くないと考えています。
 以上、ご参考になれば幸いです。
 どうぞお大事になさって下さい。

日時2019-02-07 00:03:11

Kiyoko22 (質問主)


とてもご丁寧にご回答頂き
ありがとうございました。

やはり、残念ですがこれと言った治療はないのですね。
寒い日には暖房を入れていても
震えているので、可哀想に思ってしまい どうにかならないものかと
相談させて頂きました。
確かに、脱毛以外の症状は全く無く元気にしています。
ブラッシングをすると、少し残っているアンダーコートが抜けるので
ブラッシングやシャンプーさえ怖いのですが、やはり皮膚に適度な刺激は良いのですね。
これからは、優しくブラッシングもして行きたいと思います。
以前、小さな針の着いたローラーで皮膚に刺激を与える対処もある…と
あったので どう言う事かと思っていましたが、先生のご説明で理解できました。
脱毛の悩み以外、
元気に可愛いく居てくれるので
私も、もうジタバタせずに(笑)
大事に 見守って行こうと思います。

お忙しい中、色々なご説明とアドバイスありがとうございました。
とても参考になりました。

日時2019-02-07 09:21:28

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: