イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

たまきち(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 オス ウェルシュ・コ-ギ―・ペンブローク

体重:13kg

飼育歴:8年5ヶ月

居住地:埼玉県ふじみ野市

飼育環境:室内

11月12日に癇癪を起こし、てんかんのクスリ(フェノバールとエピレス)を処方されました。次の日はふらふらしながら歩けていましたが、11月14日には歩けなくなってしまいました。また11月23日からはご飯も食べられず、意識がほとんどないような状態です。
相談内容としてはこのまま見守った方がいいのか他の病院を受診したほうがいいのかです。
通っている病院からは年齢も年齢なのでどうしようもないと言われてしまいました。
てんかんを起こす前からひたすら歩き続けるなど痴呆かなと思われるような症状がありましたが、散歩には喜んで行くなど至って元気でした。急にこんな状態になってしまったので、年齢以外になにか原因があるのではないかと思っています。
寝たきりで呼吸も荒いので、なるべく安静にしてあげたいのですが、もし良くなる可能性があるなら受診したいと考えております。
まとまらない文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

日時2018-11-27 19:56:08

専門の獣医師からの回答

犬種と年齢を考慮すると、脳に何かしらの異常を呈しているものと思われます。
治療法があるかどうかは明言できませんが、もしも飼い主様が原因をはっきりさせたいと希望される場合にはMRIによる精査を説明すべきケースです。
かかりつけの先生にまずは相談し、飼い主様の希望をきっちりとお伝えすることが重要です。やはり年齢があるから仕方ないと言われる場合には、MRIのある病院あるいは紹介してもらえる獣医師の元を受診することが必要と考えます。

日時2018-12-03 17:02:04

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: