イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

マメゴロウ(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 オス 柴

体重:9.3kg

飼育歴:12年2ヶ月

居住地:北海道釧路市

飼育環境:室内

先日、左首下あたりに肥満細胞腫ができ手術をしました。病理検査の結果 グレード3でした。腫瘤細胞は、中等量〜豊富な両染性細胞質、少数あるいは、目立たない好塩基性細胞質内顆粒、わずかな大小不同を示す類円形〜の淡染核、ならびに小型の核小体を有しています。腫瘍細胞の分裂像は高倍率10視野当たり18個認められます。腫瘍細胞の背景には多数の好酸球が浸潤しています。巨大な核や複数の核を持つ腫瘍細胞は目立ちません。腫瘍細胞の脈管内浸潤は認められません。病変の摘出は完全です。
との検査結果だったのですが、獣医さんからは今のところ転移は認められないが、今後 抗がん剤を使った方が良いと言われました。専門用語多く理解に苦しみます。病変の摘出は完全なのに、どうしてグレードが3なのでしょうか?…抗がん剤と聞くと怖いです。副作用はどの程度なのか、今は転移もなく、それなりに元気で、抗がん剤によって元気がなくなったり、衰弱したりするのではないかとか…抗がん剤は転移しない為の予防と考えた方がいいのでしょうか?

日時2018-11-21 02:18:42

専門の獣医師からの回答

犬の皮膚肥満細胞腫は病理組織学的に3つのグレード(悪性度)に分類され、グレード1は非常に良好な経過をとり、良性腫瘍に近いと考えてもよいと思います。グレード3は非常に悪性で、再発転移の確率が非常に強い傾向があります。したがって手術により完全に切除できていても術後に抗がん剤を投与することが勧めれれており、それが標準的な治療と思います。

日時2018-11-27 09:08:04

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: