イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

みやこ(質問主)


猫アイコン 猫 メス 雑種

体重:2.3kg

飼育歴:0年1ヶ月

居住地:岩手県奥州市

飼育環境:室内

左目から常に涙が出る。目の下に涙やけ。
保護猫で、保護当初酷い猫カゼで目が目やにで覆われている状態だったそう。レボフロキサシンという点眼薬を差していたが、効果分からず、かかりつけの病院にてトブラシンという点眼薬処方されました。1ヶ月程付け続けているが、変化なし。(涙、涙やけ、クシャミ、瞬き)
獣医さんには猫ヘルペスウイルスを持っていて、その後遺症と言われました。
別の病院の先生にはずっと付け続けてもよくない、何ヶ月も目薬を続けるなんてまずない、等言われ不安になりました。今後はどうすればいいでしょうか。

日時2021-09-26 11:02:31

専門の獣医師からの回答

回答させていただきます。

猫のヘルペスウイルス感染症は、一度感染すると生涯キャリアーとなり、根治できない可能性があります。よって、症状が出た時にのみ治療をすることが多いですが、再発予防のために目薬を継続することもあります。その時の状態や症状によって治療の有無や治療薬は変わりますので、どちらの先生も間違っていないと思います。ご心配であれば、一度眼科専門医もしくは眼科を得意とされている病院を受信されることをお勧めいたします。

ご参考なれば幸いです。

日時2021-10-04 20:04:59

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: