イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちくわ(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス チワワ

体重:2.8kg

飼育歴:7年3ヶ月

居住地:埼玉県行田市

飼育環境:室内

7歳のチワワの女の子なのですがかかりつけの主治医に初期の心臓病と言われたのですがどんな事に飼い主は注意したらいいのでしょうか?先生にまだ薬は飲まなくても大丈夫といわれました。前から胆のう炎も抱えています。
普段のドックフードを心臓病の療養食に変えた方がいいのでしょうか?

日時2021-09-08 11:37:37

専門の獣医師からの回答

 心臓病は、僧帽弁閉鎖不全症でしょうか?。病気の種類によって治療法が異なりますので、このコメントだけでは何にも言えないですが、仮に僧帽弁閉鎖不全症としてお話をすると、この病気はステージはAからDまでに分類されています。初期のAでは特に投薬は必要ありません。Bの途中から投薬を始めます。Cになると症状が出てきますので、投薬は必須でしょう。処方食も初期なら必要ありません。
 胆嚢炎と僧帽弁閉鎖不全症とは直接関係がないと思われます。僧帽弁閉鎖不全症は必ず悪化します。ひどい胆嚢炎で、手術が必要とかであれば僧帽弁閉鎖不全症が軽症の時に手術をしてしまった方が安全かもしれません。ただ、全身麻酔には命の危険性を伴いますので、心臓病が軽度でも万が一のこともあります。
 心臓病の病名と胆嚢炎の程度、今後の治療方針(投薬、処方食など)を、担当の先生とよくご相談されてください。

日時2021-09-13 10:08:40

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: