イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

みにゃ(質問主)


猫アイコン 猫 3歳 メス 雑種

体重:不明

飼育歴:1年7ヶ月

居住地:沖縄県那覇市

飼育環境:室内

口内炎が酷く、口の下も茶色くなっています。病院に行きましたが、避妊手術をしたから、病院嫌いで口の中を見ることができません。プロバイオの薬は朝に巻くと食べません。口に染みるのか柔らか餌はあまり食べず、カリカリも頭を上下に激しく動かして少しだけ食べます。病院では注射を打ちましたが、これ以上の事は厳しいようです。このまま様子を見ていて良いのでしょうか。

日時2021-08-30 20:11:27

専門の獣医師からの回答

口内炎と診断されていることが確実であれば、現在の獣医学では、最初に全身麻酔下で全部の臼歯を抜歯するか、犬歯や切歯も含めてすべての歯を抜歯することが必要です。どのような内科治療でも猫の口内炎は完治しませんので、このような抜歯を行うことで歯の表面に付着した歯垢・歯石の存在をなくすことによって65~70%の猫で治癒します。抜歯をおこなっても完全に口内炎が治癒しない猫でも炎症は減ってきます。抜歯しても猫は、むしろ痛みから解放されて元気よく普通に食べられます。したがって、できるだけ早く歯の治療をよく行っている動物病院で、抜歯を行って、不快感や痛みから解放してあげてください。

日時2021-09-06 06:43:54

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: