イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ねこまんま(質問主)


猫アイコン 猫 12歳 オス 雑種

体重:5.4kg

飼育歴:12年7ヶ月

居住地:千葉県市川市

飼育環境:室内

現在腎臓病ステージ2でつい最近テルミサルタンの内服を開始しました
自宅で皮下補液を1日おき100mlをしています
月に1度血液検査をしていて数値が正常値であっても皮下補液は続けた方がいいのでしょうか?
また皮下補液の量、頻度はどのように決めるものなのでしょうか?
見た目吸収されていればやる事には問題ないのでしょうか?
腎臓の検査は血液検査、超音波検査のみです
その他炎症性腸疾患、軽度の僧帽弁閉鎖不全症
膀胱結石2ミリ程度のものが1つあり経過観察中です
炎症性腸疾患の嘔吐があり嘔吐した場合には
必ず脱水がありますのでその際にも皮下補液をしてます

回答いただけましたら幸いです
宜しくお願い致します

日時2021-08-20 19:58:11

専門の獣医師からの回答

 CKDステージ2の猫の治療はすべて同じではなく、炎症性腸疾患も僧帽弁閉鎖不全症も猫ではまれな疾患ですので、必要と思われる治療を選択し、その結果、各検査値がどうなるかを注意深く見ていって、必要な治療を継続していくことになると思います。担当の先生とよく相談して治療を継続していってあげてください。よい状態で長生きできるといいですね。

日時2021-08-25 19:51:33

ねこまんま(質問主)


後悔のないようにできることはしてあげたいと思います
回答ありがとうございました

日時2021-08-25 20:09:18

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: