イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

マロちん(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 メス チワワ

体重:5kg

飼育歴:13年7ヶ月

居住地:兵庫県たつの市

飼育環境:室内

尿毒症と診断され7月24日から4日間入院したのですがBUN191 CRE18.5 からBUN200. CRE11.6 とゆう状態でした。
先生から覚悟をして下さいと言われたのですが出来るだけの治療と一緒に過ごす時間を併用する為、朝晩は家で皮下点滴をし昼間の仕事中は病院に預かってもらい皮下補液をして頂いています。
吐き気がある時は吐き気止の注射をしてもらっています。
舌の先が黒く壊死していましたが今はなくなっています。
14年間ずっと支えてくれた大事な子です。失う事が受け入れられません。
トイレだけは立ち上がってします。食事はとれていませんがお水はスポイドで飲んでいます。
ですが日々痩せて辛そうな姿を見ていると私のしている事は酷な事なのかとの思いもあります。
家にいる時は出来る限り側にいて撫でて声をかけて…少しでも気持ちだけでもラクになれる事が何かないのかと相談させて頂きました。
どうか宜しくお願いいたします。
この子の声が聞けたらと切実に思います。

日時2021-08-08 15:41:41

専門の獣医師からの回答

なるべくそばにいて寄り添ってあげてください。それ以外の特効薬は今のところ思いつきません。担当の先生とよく相談して治療していってあげてください。

日時2021-08-13 12:12:05

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: