イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

うめこ(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス プードル(トイプードル)

体重:3.4kg

飼育歴:11年7ヶ月

居住地:青森県青森市

飼育環境:室内

食欲や排尿、排便も普段通りです。
元気もあるようにみえます。
ただ、腕脇からお腹を持ちお尻を支えるように両手で抱くとキャンと急に泣くようになりました。
調べるとヘルニアなどが出て来ましたが、どれも違うように思います。ソファの登り下りもします。
昨夜寝ているところを家族が撫でて触れようとすると、びっくりしているのか怯えているのかキャンと何回か鳴きました。

とても心配です。よろしくお願いします。

日時2021-08-05 23:40:29

専門の獣医師からの回答

症状からすると軽度の椎間板ヘルニアも考えられます。
軽度の場合は後肢のふらつきなどは見られず、痛みだけが生じることがあります。
小型犬の場合、原因はわかりませんが時折体を触るとキャンと鳴くという主訴で来院される方がおられます。院内で検査をしても特に異常が見られず、数日で収まるケースが多いです。
この子の場合も原因は不明ですが、良化が無ければ受診されることをお勧めします。

日時2021-08-06 15:31:32

うめこ(質問主)


ありがとうございます。
少し経過を見て病院に連れて行くか決めようと思います。

日時2021-08-06 18:13:24

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: