イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

長生き希望(質問主)


犬アイコン 犬 16歳 メス チワワ

体重:2.8kg

飼育歴:15年6ヶ月

居住地:群馬県太田市

飼育環境:屋外

高齢なので、何がベストなのか悩んでいます。
アドバイス頂けたら幸いです。
・現在の様子 現在15歳、今度16歳になるチワワ♀です。気管支が潰れているとの事で、時々むせています。
・経緯 数年前より両眼が白内障の診断を受け、カリーユニを点眼中でした。食欲はありますが、毎月の体重は2.9〜2.8kg。元々目がぱっちり大きめの子です。
3ヶ月前に自宅でシャンプーをしてから、左眼がしばしばして、開けにくい様子だったので、病院受診し、角膜に傷があるとの事で、ヒアレイン点眼をしていました。眼圧は検査をしてその時は大丈夫との事でした。徐々に左眼の白眼の所にも赤みが出てきて、2021年6月頃受診し、眼圧検査、角膜の染色検査?をし、ヒアレインを継続し様子を見ていました。今日かかりつけ医に受診をして、改善していないこと、眼圧が気になる事を伝え、眼科の得意な病院に紹介されました。
・獣医師の説明 再度、眼圧検査をし、涙量、エコーで診察をして頂き、「牛眼、緑内障の末期、眼球拡大、水晶体脱臼」
「左眼は失明していて、手術以外では良くならない。」高齢な事を伝えましたが、「こんなに元気なら大丈夫。手術しないとこのままでは良くなる事はない、(目薬や内服)」と言われ、【眼内インプラント手術】を勧められました。今日はジクロード、ヒアレインを頂いてきました。
・相談したいこと 目が少しずつ飛び出てきていて、あまり目が閉じにくそうに私には見えています。痛みは可哀想なので、目の為には手術をお願いしたいのですが、16歳になる高齢犬なので、全身麻酔が耐えられるのか、手術のメリットとリスクで悩んでいます。色々と自分でも調べたのですが、13歳以上は手術しないとしている獣医師さんもいたので、お考えを聞かせてください。よろしくお願いします。

日時2021-07-28 20:37:43

専門の獣医師からの回答

回答させていただきます。

眼科としては、手術を選択するのは間違っていないと思います。眼内インプラント手術とは、おそらくシリコンボールインプラント手術いわゆる義眼手術のことだと思います。

手術は、麻酔のリスクをどう評価するかによると思います。手術リスクは、死亡も含めたリスクです。16歳となれば、ある程度のリスクは伴いますが、若返ることはないので、現状でどうするかを考えるしかないでしょう。そこは、あくまで飼い主さんが判断することであり、主治医の先生と話し合うしかないと思います。

自分は、16歳の犬の手術をして成功したこともありますし、高齢の犬で術中死の経験もあります。客観的なデータを開示し飼い主さんに判断していただいています。これ以上の年齢だから絶対無理ということはないと考えています。決定するための主体は飼い主さんであり、依頼をいただければ手術しますし、そうでなければ無理にすることはありません。獣医師が決めることではないと考えているからです。

ご参考になれば幸いです。

日時2021-08-02 12:59:54

長生き希望(質問主)


ありがとうございます!
手術する方向で

日時2021-08-04 06:56:46

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: