イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

さえ(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 オス チワワ

体重:3kg

飼育歴:12年8ヶ月

居住地:東京都江戸川区

飼育環境:室内

僧帽弁閉鎖で肺水腫を起こし、病院の酸素室に入り、夕方迎えに行くと、連れて行ったときよりはるかに呼吸がひどくなっていて立てなくお腹をぺったり下につけた状態でした。こんな状態のときに、利尿剤だけ打つものなのでしょうか?降圧剤や気管支拡張剤や血管拡張剤などは必須ではないのでしょうか?こんな状態で酸素室から出すのは普通の行為なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

日時2021-06-11 22:57:30

専門の獣医師からの回答

肺水腫は重症度により、治療法が変わってきます。僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫であれば、基本的に、強心剤や血管拡張剤、利尿剤などを組みあわせて投与し、お薬に対する反応を見ます。
重度になれば、時に致死的です。状態により、口から薬を飲めないくらいだと、点滴だったり、注射だったりして投与していきます。何の薬をどの程度使用するかは病態によって変わってきます。
具体的な治療に関しては、診察に基づいた判断が必要ですので、ご担当の先生とよくご相談ください。

日時2021-06-16 11:35:59

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: