イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

nrm(質問主)


猫アイコン 猫 7歳 オス 雑種

体重:4.3kg

飼育歴:6年6ヶ月

居住地:奈良県奈良市

飼育環境:室内

2021/5/11午前1:30から4:00まで、涎が止まらず元気もなかった為、早朝に病院へ。レントゲンと触診をして貰いましたが問題なく、アルコール類などを舐めてしまったかも知れないとの事だったので、石鹸など危険なものは全て手の届かない場所へ収納。その後は少し涎がついてる事もありましたが、食欲もトイレも問題ありませんでした。2021/5/15、19:00頃、またヨダレが大量に出て、口を少し開けて息も早かった為大きい病院へ。レントゲンと血液検査をしてもらいましたが、数値的には前と同じく危険物を舐めてしまったのではという診断で、特に他に検査をする内容ではないとのこと。(レントゲンでは少し心臓が丸いくらいで異常なし)その後も少し口にヨダレがついてる日もありましたが、様子を見ていました。ですが、昨日2021/05/21から吐きそうな仕草を見せるものの吐くこともせず、ヨダレが数時間毎に少し垂れます。あとは食欲が少し低下したように思います。2件お医者様に診てもらい、問題ないと言われましたが、いつもとは確実に様子が違います。エコーやCT.MRIもするべきでしょうか?また、今日からご飯を毛玉ケアのものに買い替え、猫草を買おうと思っているのですが、それで様子を見ていて大丈夫でしょうか?長文で申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

日時2021-05-22 13:08:30

専門の獣医師からの回答

 ご心配ですね。この情報だけだと何の病気かがわかりませんが、エコー検査は猫にそんなに負担をかけずに行うことができます。CT検査は最新のCTであれば無麻酔で撮影できることもありますが、MRIは麻酔が必要になりますので、麻酔のリスクも伴います。担当の先生とよく相談されてください。

日時2021-05-26 09:05:54

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: