イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ニック(質問主)


猫アイコン 猫 3歳 メス 雑種

体重:3.8kg

飼育歴:2年5ヶ月

居住地:長野県佐久市

飼育環境:室内

現在の状態  左胴体が膨れているように見えます。胴体を触ると痛がります。何もしなくても痛がる時があります。写真を見ると左胴体が膨らんでいるように見えます。

動作  日中動くことはほぼなく、椅子の上で丸まっています。

体重の変化 わかりません

食欲 以前と比べて落ちています。全く食べないわけではありませんがおやつとふやかしたドライフードを混ぜて与えています

排泄  トイレをしているのをほとんど見なくなりました。特に大便は減りました

飼い主への反応  以前は撫でればすぐ喉を鳴らし呼べば返事をし、家にいる時はほとんどついて歩いていましたが、今はその全てをあまりやりません

症状が出た時期 4/20に脱走し、帰ってくると元気がないことに気付きました。
4/26 寝ていたが急に起き猫背になりながら聞いたことがない声で鳴き始め腹部を触るとさらに痛がりました。

これまでの対応 4/26にあわてて近くの病院に行きました。そのあともらった痛み止めを与え、様子を観察。
5/7 痛がっていたのと、治癒している気配がしないのでいつもの病院へ。
5/16 5/7に行った時は痛み止めが効いていた状態だったので触診はほぼしなかったため、痛み止めが切れた状態で触診をしてもらうため来院

状況の変化 病院へ行く前日痛がっていても病院から帰ってくると少し元気になっていた。痛み止めがよく効くらしく痛み止めを与えるとだいぶ元気になります。しかし数日後痛みがだんだん増すらしくだんだんと元気がなくなっていくというサイクルです

健康の時の違い  いつものドライフードは食べなくなりました。水もあまり飲みません。一日中丸まっていることが多く、動きません。

かかりつけの獣医の説明  2つの病院でレントゲン、血液検査を受けましたが異常は見つかりませんでした。獣医によると脱走した時にどこかを痛めたのではないか。これだけ見ても思い当たる病気がない、自然治癒に任せてみようとのことでした。

もう3週間も経ちます。あまり治っている気がしません。

日時2021-05-21 15:44:22

専門の獣医師からの回答

原因が解らないのはご心配ですね。
二つの病院でレントゲン検査を受けられて異常がなかったとのことですので、可能性は高くないと思われますが、交通事故などによる左側の腹壁ヘルニア(外傷によって腹筋の断裂が起こり、腹圧によって内臓脂肪や消化管が脱出して損傷部が膨らむ)や傍肋骨ヘルニア(一番後ろの肋骨付近の腹筋が損傷を受けて、内臓脂肪や消化管が脱出して損傷部が膨らむ)が生じていないか気になります。
猫は皮膚が丈夫なうえに被毛がありますので、鈍性の外傷を発見し難いところがあります。
骨格でなく軟部組織なのでレントゲンで写りにくく、慎重に触診して気付くことが一般的です。
また、表面的な外傷だけでなく、腹部に強い圧迫や衝撃を受けている場合は、腸間膜や消化管にダメージを受けていることがあります。この場合、1週間くらいで腹膜炎や重度な消化器症状が出ずに3週間程度経過しているのであれば、かなり回復していることが通常です。
「痛み止め」が効くとのことですので、背骨などの骨格系に異常があるのかも知れませんが、残念ながら解りません。
丁寧な触診やレントゲン検査、およびエコー検査で何らかの異常が見つかることが多いのですが、全く異常が見つからず、症状も改善しない場合はCT検査を検討する必要があるかも知れません。
どうぞお大事になさって下さい。

日時2021-05-26 18:08:23

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: