イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

タッフィー(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス アメリカン・コッカ-・スパニエル

体重:7.9kg

飼育歴:6年9ヶ月

居住地:長野県上伊那郡箕輪町

飼育環境:室内

こんにちは。
ALPの数値についてお伺いします。
5/1の朝食後、3時間くらいして少量のフードと胃液を嘔吐しました。膵炎が心配になって、診察して貰いました。
血液検査でリパーゼが240H出ていました。しかし、炎症値CRP0.3以下で上がっておらず、白血球、腎臓、肝臓を含め、他が全て正常値だったこと、元気、食欲があること、体温平熱、下痢なし、という事からまず膵炎ではないだろうとの診断でした。(腹部エコーは4/22に撮り異常なし)胃酸過多が疑われ、ガスターを3日分処方されました。
5/5に最検査を受けると、リパーゼは基準値内に下がっていましたが、ALPが880に上がっていました。ALPは4月7日の検査で62でした。嘔吐した時の検査項目にALPが入っておらず、今回調べて貰ったのす。それが、880!その他の数値は全て基準値内で、ALPのみ異常でした。
膵炎の疑いは無さそうなので、肝臓、胆嚢について聞くと、肝臓、白血球、炎症値、コレステロール値を含め全てが基準値であり、元気、食欲もある。痛みも無い様子。
クッシング症候群についても説明されましたが、その様子(多飲多尿)はない。よって、先日の嘔吐の影響で一時的に数値が上り、下っている途中ではないか。とのこと。
念の為、エコーを撮って貰ったので、写真を添付します。胆汁の鬱滞、胆泥症の様子は無く、キレイだそうです。ALPは、色々な原因で上がり、胃腸炎でも上がる事もあると説明を受けました。
来週、再度血液検査をして貰うのですが、ALPだけの異常値はそれ程心配しなくても良いのでしょうか?
以前、嘔吐した時も血液検査して貰いましたが、ALPの異常値は出ませんでした。今回が初めてでパニックになってしまいました。
もともと、ALPの低い子ですし、7歳になったので、色々心配になってしまいます。

このALPの高い現象は先日の嘔吐が原因と思われますか?
本人は元気で食欲もあります。
来週、再度血液検査をして貰います。

セカンドオピニオンを伺いたく、
よろしくお願い致します。

日時2021-05-06 20:41:45

専門の獣医師からの回答

ALPの高値に関するセカンドオピニオンをご希望とのことですが,このコーナーはご質問に対してわかる範囲で回答させて頂くシステムであり,このサイトを通じてセカンドオピニオンのご予約はお受けできませんのであらかじめご了承下さい。
ALPの上昇の原因については,かかりつけの先生からお聞きになられたことがすべて当てはまるかと思います。ALPは膵臓を含めた肝胆道系疾患の他,胃腸疾患や内分泌性疾患,骨疾患や腫瘍性疾患などいろいろな要因で上昇します。このため,ALPの上昇原因を判断するのは単純ではありません。
また多飲多尿がないからといってクッシング症候群を除外することはできませんし,CRPが正常であっても膵炎や腸炎を完全に否定できる訳でもありません。
精密検査としてはACTH負荷試験や内視鏡検査,CT検査,MRI検査など疑われる病態によって異なり,二次診療施設でのセカンドオピニオンが必要な場合もあります。
最後の検査でALPのみが高値で,一般状態が落ち着いているのであれば,次回の検査結果待ちで十分かと思います。
もし,今後ALPの高値がさらに悪化したり,消化器症状が繰り返し認められるようであれば,精密検査をお願いすればよいかと思います。

日時2021-05-12 07:04:56

タッフィー(質問主)


お忙しい中、アドバイス頂きありがとうございます。
先日、血液の再検査と腹部エコーの検査を受けました。
結果、ALPは49まで下り、肝臓などの数値も基準値内でした。
エコーでは、肝臓、胆嚢、副腎など念入りに診て貰い、異常所見は無し。
安心しましたが、今後も定期的に検査を受けていきます。
ありがとうございました。

日時2021-05-12 21:43:42

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: