イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちょもら(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:5.6kg

飼育歴:14年10ヶ月

居住地:三重県桑名市

飼育環境:室内

小さい頃から胆泥症、GPTが高めで5年前からウルソを服用して落ち着いています。
先日のワンワンドックでNH3アンモニアが107と高く、昨年秋の検査では40だった為主治医に確認したところ、許容範囲で問題ないと言われました。
来月末に歯周病で麻酔下での処置を予定しています。
このアンモニア数値は本当に問題はないのか心配で質問させて頂きました。
当の犬は食欲も有り、時々うんちか緩くなりますが元気です。
今回の血液検査では
GOT 32. GPT 81. ALP 130(昨年秋は261) TG 185(昨年秋は257)
あとは腎機能等問題ありません。
食事はヒルズ zdウルトラ、おやつは茹でササミ、りんご、さつま芋、キャベツ等で市販のおやつは与えていません。
よろしくお願いします。

日時2021-04-27 12:37:14

専門の獣医師からの回答

血液中のアンモニア濃度の基準値は、検査機器によって16~75μg/dlから0~95 μg/dlと違いがあります。
また、血中アンモニア濃度は食餌の影響(消化管内容物や腸内細菌)を受けますので、採血の8~12時間前から絶食しておくことが推奨されています。それでも消化管内の内容物が無くなるわけではありませんし、食餌内容の影響も受けますので、採血のタイミングによって数値に違いが生じます。
先日の検査時は食餌からどの程度時間が経っていたでしょうか。
このような背景がありますので、ご相談の数値であれば他に問題がなければ主治医の言われるように経過観察で良いように思われます。

日時2021-05-02 15:46:45

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: