イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

マイコまま(質問主)


猫アイコン 猫 15歳 メス 雑種

体重:5kg

飼育歴:14年8ヶ月

居住地:東京都大田区

飼育環境:室内

去年6月から、甲状腺機能亢進症と診断され現在ヒルズの特別療法食 y/d ドライと少量の y/d 缶詰だけを与えております。もともと関節症があるのですが、関節症用サプリメントのCosequin(コセクイン)をこの療法食と一緒に与えても問題がないかお聞きしたいと思いメール致しました。(サプリメントにはグルコサミン、コンドロイチン、マグネシウム等が入っています)

アドバイスの程宜しくお願い致します。

伊藤

日時2021-03-31 22:22:25

専門の獣医師からの回答

甲状腺機能亢進症でヨードを制限した食事療法をしている猫にサプリメントを与えていいかというご質問ですが、通常はサプリメント中のヨード量は公開されておらず、表示する義務もありません。海産物には比較的多くてヨードが含まれますので、サプリメントから補充されてしまう可能性があります。ヨード制限をしている場合はサプリメントの使用も控えたほうが無難であると考えられます。

日時2021-04-06 08:54:33

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: