イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

りんご(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 メス アメリカンショートヘア

体重:3kg

飼育歴:1年0ヶ月

居住地:北海道札幌市北区

飼育環境:室内

心筋症で薬を服用中の猫の事でご相談させて下さい。
心肥大が進んできているのですが、エースワーカー錠とエナラプリル錠ではどちらが心臓の肥大を抑制をより抑える事ができますか?

現在ACEI服用していてふらつきなどの副作用が出ているのですが、
上記のACEIで血圧を下げる効果が強いのはどちらでしょうか?

日時2021-03-10 10:12:36

専門の獣医師からの回答

心筋症は肥大型心筋症だと思いますが、2つの薬は同じ系列です。どちらがいいかということがわかっていません。そしてこれらの薬は血圧が高い猫の場合にも確かに飲ませることもありますが、一般的には猫の血圧を下げたくて飲ませているのではなく、心筋の線維化を遅らせるために飲ませています。ふらつきの原因はわかりませんが、心筋症は重症にならない限りは症状がわかりにくいので、本当に心筋症でふらついているのであれば要注意です。また、本当に血圧が高いのであれば、もっと血圧を下げる薬もありますし、逆に血圧が下がりすぎている可能性も否定できません。まだ1歳と若いですので、担当の先生によくご相談ください。

日時2021-03-13 11:02:10

りんご(質問主)


御返事ありがとうございます。
ACEIは血圧を下げる為の服用ではなく、心筋の線維化を遅らせる為に服用しています。血圧は特に高くはありませんが、上記の理由で服用していますので血圧の下がりすぎてふらつきが出でいるのではないかと思いました。ACEIは沢山ありますが、すべて同じように服用出来るものですか?
それともそれぞれの病気により、このACEIは、この病気に使うなど使い分けをするものなのでしょうか?

日時2021-03-13 13:37:53

肥大型心筋症といっても病態がまちまちですので、薬の選択も病状によって変わってきます。この系統の薬は、動物用医薬品として国内で数社が販売しています。既定の投与量の範囲であれば、安全性が高い薬剤です。
言われるように、血圧が下がりすぎるとふらつきなどがあるかもしれませんが、人と異なり4つ足動物は心臓と脳が同じ高さにありますので、極端な血圧低下でない限りふらつきを生じません。この系列の薬はもともとそんなに血圧を下げる薬ではありませんが、念のために投薬を中止して、担当の先生にご相談されてください。
 ちなみに、作用は最大でも1日です。投与して、2日目もふらつきがあるのであれば、薬と関係がない可能性が高いと思います。本当に確かめたいのであれば、ふらつきがなくなって、1日あけて再投与して、投与後同じような時間にふらつきが生じれば副作用の可能性が高いです。基本、同じ投与量であれば、同じような血圧の変動がありますので、再現性があります。ちなみに、心筋症の病態によっては血管拡張剤を慎重に投与したほうがいい場合もあります。いずれにせよ、この文章だけではわかりませんので、担当医にご相談ください。

日時2021-03-13 15:43:06

りんご(質問主)


分かりました。
最後にひとつ教えて頂きたいのですが、お答えの中にありました、血管拡張剤を慎重に投与する場合とはどのような時でなのしょうか?

日時2021-03-13 15:55:12

これ以上は、診断をもとにしないと説明しきれません。動物病院の先生とよくご相談ください。

日時2021-03-13 19:23:25

りんご(質問主)


御返信ありがとうございました。

日時2021-03-13 19:45:36

ネコヘルペスウイルスやネコカリシウイルスといった病原体によって症状は異なります。猫風邪の予防となるワクチンについて、猫専門病院の服部幸先生が詳しく解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: