イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ジェイ(質問主)


猫アイコン 猫 8歳 オス 雑種

体重:5.2kg

飼育歴:8年2ヶ月

居住地:福井県福井市

飼育環境:屋外

2020/11おしっこでなくなり、トイレ中変な声で鳴く。
2020/11獣医で尿道結石だろうと、管をいれるも、すぐ詰まる。手術が必要と説明を受け、了承
2020/11尿道結石で手術(狭い尿管部分を切ると説明受ける)20日間入院
2020/11手術部に包帯のようなものを当てていたが、膿んだとのことで
縫いなおしたと説明を受ける 5日ほど入院伸びる
2020/12 退院(ペニスが無い事に気が付く)
退院3日後辺りからトイレに20回/日いくようになる。
尿もあまり出ていない。
2020/12 手術部の収縮が激しく(はんこんしゅうしゅく)尿道が閉じてしまうとの説明を受ける。このような猫は初めて見るといわれた。
トムキャットという名の管挿入する。20日~1か月位入れておいて
との説明受ける。首の周りエリマキトカゲのようなカラー装着される
膀胱まで挿入し菅の体からの飛び出し量5cm位。栓をして定期的に外し排泄させる。
管が3日位で抜けてしまう。そんなことを3回くらいくりかえす。
(そのたび全身麻酔して挿入)
2021/1 体内への挿入量短くして、体からの飛び出し量も短くして1cmくらい。菅が抜けないように、止め板の様なものを体に縫い付けられる
栓をつけなくても尿の出す止める出来る模様。
10日位で縫い付けた板とれる。2回繰り返す。
2021/1/23 板取れる。
そのまま様子見。何とか尿はでている模様
2020/2/20 食欲なくなる、尿もでていない。
2020/3/1 獣医で診察。管を入れようとしても、尿路が見つからない
と説明をうけ、もう一度手術するといわれる。
ずっと管を挿入しておくしかないといわれる。
カラ-付けた生活。10日に一度板を縫い付ける生活がずっとつづくと思うと
可哀そうすぎる、治療費もかかる。
この治療法は妥当なのか?手術が失敗では?他に方法はないのか
を相談したいと思います。宜しくお願いします。

日時2021-03-04 21:24:05

専門の獣医師からの回答

手術が失敗かどうかはわかりませんが、このまま治療を続けても難しそうなので、他の病院で診てもらうことも推奨します。

日時2021-03-08 23:38:00

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: