イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

マギ(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 オス ポメラニアン

体重:3.5kg

飼育歴:13年7ヶ月

居住地:山口県下関市

飼育環境:室内

13歳になってから1日の大半を寝て過ごします。でも起きている時はとても元気でいつも食べ物を要求します。食欲旺盛です。フードは小さい時から1日4回に分けてあげています。早食いの為一度の量が多いと吐いてしまいます。それと朝方胆汁を吐くので、空腹時間を短くするため朝、昼、夜、寝る前に上げます。1歳未満で停留睾丸の摘出、8歳で尿道を取り巻く腫瘍摘出、11歳で右後ろ足つけねの脂肪腫摘出、12歳でゴム製品誤飲で開腹して摘出。7歳から排尿困難になり原因が尿道を取り巻く腫瘍の為と分かり摘出し完治。でも直ぐに多飲多尿になり慢性腎不全と判明し、腎臓の療法食に変え、フォルテコール、イパキチンを服用し2年前までは毎月血液検査、尿検査、エコー検査していたが数値は正常なままが続き、その後は2ヶ月おきの検査になっている。通常の血液検査は常に正常なので、昨年8月SDMAを外注で検査して17。今年1月現在の病院でも検査出来る様になり、28にあがっていた。尿素窒素は6.3でクレアチニンが1.09で上昇してきた。かなり進行してきたがこれまで通り服薬と検査を続けましょうといわれています。尿検査は比重が1.008位で低い以外その他の異常はなし。定期的なエコー検査で、胆嚢に石があり、肝臓も年相応に少し機能低下があり、心臓も弁の動きが低下が見られるがこれも年相応であると言われています。経過観察です。半年前位から夜眠りにつくと、ガッガッと咳をするようになりました。今血液検査尿検査は2ヶ月おきですが、薬を貰うのと爪切りの為毎月受診しているので、何度か咳の事を先生に伝えて有ります。そのたび、心臓をエコーで診ても僧帽弁に変化はなく若干の年相応の低下しかなく、心臓からきている咳でないといわれます。何の咳かなぁと言っています。この2.3週間、眠ってからの咳がひどくなってる気がします。また先生に来月伝えようと思いますが、何かなぁと言われそうです。今の先生には排尿障害の時、休みの日も夜間も嫌な顔一つせず導尿して頂きとても感謝しています。原因も突き止めて頂き治して頂きました。誤飲の時も休診日なのに、緊急手術して頂きました。
とても根が優しい先生とは分かっているのですが、患者もとても多く、少し相談しにくく、先生が大したことなさそうにしてるのにしつこく聞きにくくてこちらで相談させて頂きたいと思いました。咳の原因は心臓でなければ他に何かありますか?もし何かあっても先生があまり気にしていないので私も心配しないで良いでしょうか。持病がありなが、もうすぐ14歳になれるし、とても元気なのでもし他になにかしら病気があっても腎不全の対応の方が大事なのでこれ以上の心配はしない方よいのかなとも思います。アドバイス宜しくお願いします。

日時2021-02-25 23:11:40

専門の獣医師からの回答

内容を拝見いたしました。長年にわたり色んな病気を乗り越え頑張っていますね。この間のお世話たいへんだったと思います。飼主様に敬意を表します。さて今回の咳ですが、咳の原因として大まかに心臓疾患による咳と気管支などの呼吸器系による咳があります。夜間にひどくなる咳は心臓性で、食後にみられ一日を通して見られる咳は、呼吸器系の咳が多く、また両方の原因が混在した咳があります。御遠慮されることなく主治医の先生に相談してください。

日時2021-02-27 12:05:30

高齢犬はどのような動きをするのか、実際の映像をまじえながら解説します。犬の行動を観察するコツをつかみ、早期発見につなげましょう。ヤマザキ動物看護大学准教授の茂木千恵先生が解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: