イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ポヨポヨ(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 オス ヨークシャテリア

体重:1.5kg

飼育歴:14年1ヶ月

居住地:山口県下関市

飼育環境:屋外

老犬の低血糖症を防ぐための寝る前の食事について

超小型犬で肝臓の腫瘍によって低血糖症を起こすようになっています。
かかりつけ医からは位置が悪く手術は行えずもう長くないので好きなものを食べさせて低血糖症を防ぐことを第一に考えるように言われました。

現在通常のドッグフードによる食事に加えて、夜寝る前にサツマイモとゴートミルクにスタミノールVを混ぜ与えてから寝ているのですが、朝まで持たずにしばしば低血糖症で痙攣を起こしてしまいます。

低血糖を起こさず朝まで持たせることのできそうな寝る前に与えると良い食事、サプリ等ありましたら教えて下さい。
アレルギーを起こしやすい体質のため動物性タンパク質を含まないものでお願いします。

日時2021-02-07 16:39:11

専門の獣医師からの回答

愛犬が肝臓腫瘍で低血糖になるとのこと、ご心配の事かと思います。肝臓の腫瘍で低血糖になる機序は完全に解明されておらず、その予防法も確立されていません。インスリン様の物質の産生が関与しているという説もありますが、肝臓腫瘍のよる急激な糖の消費によるものという説が有力です。インスリンの産生が関わっているものであれば、糖質の摂取がインスリン分泌を促進する可能性がありますが、急激な糖の消費によるものであれば、細かく食餌を与えることが有効かと思いますので、深夜に起こしてでも何か摂取させるのが有効かもしれません。愛犬の症状が少しでも緩和されることを願っております。

日時2021-02-09 23:33:05

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: